ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電車はパンタグラフが付いた車両に乗るべき理由

電車はパンタグラフが付いた車両に乗るべき理由

電車事故を避けるなら、先頭車両から4両目くらいまでは脱線のリスクが高。電車に乗るなら中央より後ろの車両が安心です。さらに、電車事故に備えるために重要なのが車両選び。モーターが付いている車両「モハ」は、重量があって揺れに強いといわれているのです。

先頭車両は電車事故の可能性が高い

電車事故の多くが脱線事故だといわれます。2005年に107名もの死亡者を出した兵庫県JR福知山線脱線事故では、犠牲者の多くは7両編成中1~2両目の乗客でした。

この電車事故では1両目は脱線して横転、2両目は線路外に脱線、3両目は前輪が脱線、4両目は1輪のみ脱線。そして、5両目からは脱線しませんでした。

アメリカ・イリノイ大学の研究では、先頭車両は特に衝突・脱線する可能性が高いといいます。消去法でいけば、電車事故では真ん中の車両から後ろ2両目(10両編成だと、7両目)辺りが最も無難ではないかと発表されています。

電車事故を避けるためにはモハ車両

さらにもう1つ、電車事故を避けるために重要なポイントが車両で違う揺れへの強度です。モーターが付いている車両「モハ」は、重量があり揺れに強いといわれています。

例えば、東京・山手線は11両編成で、2~3、5~6、8~9両目がモハ車両になります。この場合、電車事故を避けるなら真ん中辺りの5~6両目がよいでしょう。

ちなみに、モーターが付いている車両であるモハの目印は車両上部に集電器とも呼ばれる菱形のパンタグラフが付いているかどうかです。電車に乗るときは、事故に備えて車両の上部のパンタグラフを確認することが常識になるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。