ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【草彅剛&小西真奈美インタビュー】まずはやってみること。人生初の“犬”役に挑戦!

【草彅剛&小西真奈美インタビュー】まずはやってみること。人生初の“犬”役に挑戦!

ドラマ「いいひと。」「僕と彼女と彼女の生きる道」、映画「黄泉がえり」「日本沈没」、舞台「蒲田行進曲」など、多くのヒット作に主演してきた草彅剛さん。「新しい地図」がスタートし、その活躍は次々と話題となっている。「平成」を駆け抜けた草彅さんが、新元号「令和」となってはじめての主演舞台「家族のはなし PART1」を5月4日から京都劇場で迎える。いい仕事をするための、草彅流ヒントとは? 共演する小西真奈美さんとの爆笑スペシャル対談をお届けする。

プロに学ぶ仕事のヒントはこちら

(写真向かって左から)草なぎ剛さん 1974年7月9日生まれ。

小西真奈美さん 1978年10月27日生まれ。

「草彅さん、ワンちゃんなんです(笑)」

舞台『家族のはなし PART1』は、<第1話 わからない言葉><第2話 笑って忘れて>の喜劇2話構成。草彅さんは第1話ではケンカして別れそうになっている夫婦の飼い犬・ハッピー役を、第2話では妻役を演じる小西真奈美さんの夫であり広告会社プランナー役と、異色の2役に挑む。

――今回の舞台は2つの物語があります。脚本を読んでいかがでしたか。

草彅:「蒲田行進曲」以来、19年ぶりに真奈美ちゃんとご一緒するというので、話が来たとき、すぐに「はい、やります」と言っちゃいましたよね(笑)。だから、実はもうどんな脚本でもいいと思っていて(笑)。でも、読んでみたら、笑えるところもたくさんあるんだけど、ちょっと切なくじんわりホロリとするところもあって、とても家族愛に溢れていて。これは、いい舞台になるんじゃないかと、ドキドキワクワクしています。

小西:私は舞台自体が久しぶりで緊張しているんですが、まずは草彅さんと19年ぶりにご一緒できるということで、率直にうれしかったです。それで脚本を読ませていただいて。1話目も2話目も私は夫婦の妻役なんですが、すごくほっこりもしつつ、愛に溢れていて。1話目は池田成志さんと夫婦役。ここでは、草彅さん、ワンちゃんなんですよね(笑)。草彅さんがどんなワンちゃんになるんだろう、って見る側の気持ちにもなって、楽しくなりました(笑)。

――19年ぶりの共演ですが、ずっとお会いになっていなかったんですか?

草彅:先日、ラジオで本当に久しぶりにお会いして。

小西:私がパーソナリティを務める番組においでいただいたんです。

草彅:それでおしゃべりして。でも、久しぶりに会って、真奈美ちゃん、可愛くてね(笑)。なんかね、19年前とまったく変わってなくて。

小西:近所の子どもが育ってない、みたいな感じですか(笑)。

草彅:いやいや、すごいな、と思って。真奈美ちゃん、マジでぜんぜん年、取ってないんじゃないの、なんなのって(笑)

小西:とんでもない(笑)。

草彅:恐ろしい人だな、と(笑)。やばいですよね。この仕上がり。どういうことだって(笑)。

大きい役を乗り越えた経験が人生の転機に

草彅:「蒲田行進曲」のときは、23歳。これは、僕にとってターニングポイントになった仕事だったんです。あのときに、お芝居の扉が開いた。演出のつかこうへいさんとの出会いは、人生の大きな転機になりましたよね。

真奈美ちゃんもそうだった、という話も伺っていて。同じタイミングでそういうのって、なかなかないじゃない。だから、すごく縁を感じているんです。19年ぶりに会ったんだけど、僕の中では真奈美ちゃんって、とても密接につながっているんですよね。

それも、つかさんのおかげなんです。つかさんって、けっこうどんなときにも心の中にいるんです。僕の中では、そういう存在。お芝居するとき以外でも、です。ほんと、あんな人、いなかったんで。

だから、そのときすぐそばにいた真奈美ちゃんは、僕の中ではすごく親近感があって。つかさんから「真奈美!」って呼ばれたときの顔も覚えているし、髪の毛でお団子を作って真剣になった顔とかも覚えているんだけど、まったく変わっていなくて。

もちろん大人になってはいますけど、今回19年前に戻ったみたいです。真奈美ちゃんがいなかったら、僕も「蒲田行進曲」のヤスという役は演じられなかったので、今回もこの2人で舞台やるってことは、何か起きるんじゃないかな、と楽しみにしています。すいません、熱くなってしまって(笑)。

小西:光栄です。

草彅:つかこうへいだけに。あ、こうへいじゃないか、こうえいか(笑)。

小西:(笑)。私もラジオで久しぶりにお会いしたので、「あ、どうも」みたいな他人行儀になってたらどうしようかな、と思っていたんですが、お会いした瞬間からこの「真奈美ちゃーん!」という感じで、「あ、草彅さん、変わってない」と思ったんです。

「蒲田行進曲」のときも毎日、優しくて、一緒に頑張ろうね、って、すごく声をかけてくださって。私もそれをずっと覚えていたので、19年経ったと思えないくらいに、あっという間にそのときに戻ってしまって。

さっき草彅さんがおっしゃったみたいに、草彅さんがヤスさんだったから、私も小夏という大きい役を乗り越えられたし、やらせていただけたと思っているんです。

今回、夫婦役の話も、ヤスさんと小夏のときとはまた違った愛情たっぷりのストーリーになっています。脚本を読んでいると、旦那さんのパートで草彅さんの声が聞こえてくるみたいで、どんなふうになるのかなって、今は稽古に入るのが、すごく楽しみです。

はじめての「犬」役も「とにかく挑戦してみる」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき