ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写っている食器は上向き? それとも下向き? 不思議な写真が二度見マスト

お台場にある東京トリックアート迷宮館のような施設が人気を集めているように、日本人は錯視が好き。ある『Twitter』ユーザーが、裏返しになった複数の食器の写真を次のように紹介。「不思議」「すごい」といった声が寄せられていました。

これは裏返されている食器だが、一個でも上向きの食器を見つけたら他も全部上向きに見えてくる。

「最初から上向きにしか見えない」という人や、「一度そう見えちゃうとダメだな」という反応があったこの食器。見分け方のポイントは光源にあるという指摘も。

光源が右から来ていれば上向きで,左から来ていれば裏返しと判断することにしましょう。

とはいえ、上向きのものを見つけた途端に「戻せなくなる」といった声も上がり、数分置いてみて再び見ると「また裏返しになっている」という人も。同じ作品を何度見ても驚きを提供してくれるというのが、錯視の醍醐味。身近なものを使って、トリックアートに挑戦してみるというのも面白いかもしれません。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/shenmacro/status/1118152529219428353 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。