何回おしりがふけるのかな デカすぎるトイレットペーパー『Forever Roll』

access_time create folder生活・趣味

日本のトイレットペーパーは、1ロールの長さが30メートル前後で直径が12センチ程度のものが主流です。デカい=Goodな自由の国アメリカでは、「メガロール」と呼ばれるサイズの大きいトイレットペーパーも売られていたりします。プロクター・アンド・ギャンブル社のトイレットペーパーブランド、『Charmin』では『Forever Roll』というメガロールの中でもとりわけサイズの大きいトイレットペーパーを販売しています。

『Forever Roll』の長さですが、マルチユーザーが直径約30.5センチ、シングルユーザーが直径約22センチ。日本の感覚からすると規格外の大きさと言えるでしょう。

『Forever Roll』スターターキットは、『Forever Roll』マルチユーザー3ロールと、スタンド型のホルダー1個または壁掛け用ホルダー1個がついて29.97ドル(約3350円)。『Forever Roll』単体だと1個9.99ドル(約1120円)となっています。

ForeverRoll Freestand Installation (YouTube)
https://youtu.be/2Qf9NdyAFPg

スペースに余裕のあるアメリカの住宅での使用を前提に、「毎日用を足すわけだし、何度もトイレットペーパーを付け替えるのが超面倒」というアメリカ人ユーザーの声を反映した結果が『Forever Roll』だったのでしょう。日本のトイレには収まりきらないサイズ感です。「何回おしりがふけるのかな」と思ってしまいますね。

※画像とソース:
https://shop.charmin.com/forever-roll-ultra-soft/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧