ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「続きを読まないと成仏できない」との反応も!? 『Twitter』マンガ『脅しに来たヤクザがもう死んでた話』が怖可笑しい

『Twitter』で話題となり、『月刊ドラゴンエイジ』の公式『ニコニコ静画』チャンネル『ドラドラドラゴンエイジ』で短期集中連載された『吸血鬼と不健康OLの話』の作者ポロロッカさん(@po_ro_ro_ka)が、新作『脅しに来たヤクザがもう死んでた話』を公開。約5800のRTと20000以上の「いいね」を集めています。

「おう姉ちゃん仕事帰りか?丁度ええちょっと付き合えや」とOLらしき女子にスゴむ男。目つき悪! ……ですが、それ以上に怖いのは、足がないこと! 「脅し」ってレベルじゃねーぞ!!

「幽霊は怖い…ヤクザも怖い…でもなんで融合して出てきた…怖いけれど反応に困る…」とまっとうな感覚をもった女子に、いきなりスカートめくり! 思わず「やめて!」と声を上げますが、ヤクザ幽霊は怒るどころか、「俺が…見えるんか?」とひと言。

「ありがとうございますぅぅ!俺を見つけてくれてぇぇ!!」と泣き出すヤクザ幽霊。どうやら自分が死んだことに気づいてない様子。さらに「パンツ見てすいませんでしたぁ!!」と瞬速(?)で土下座。「詫びがしたい!今後姐さんのお世話をさせてくだせぇ!」と前のめりに懇願します。

組が解散して「他に行くとこなんてねぇ」というヤクザ幽霊。「いや、浄土に行ってくれ」という感じなのですが、「この体!この命!姐さんのために使わせてくだせぇ!!」と堂々の申し出。……「どっちもないじゃん!!」という女子の心のツッコミが利いています。

「ほっこりした」「ヤクザかわいい」という反応のほか、「ムチムチ太ももとお尻がいい」という声が複数寄せられていたこのマンガ。「そこはこだわりました」というポロロッカさんによると、「おおのこうすけ先生の『極主夫道』、横山了一先生の『新しいパパがどう見ても凶悪過ぎる』を見て描いてみようと思いました」とのこと。また、空知英秋先生の『銀魂』が「ギャグ、コメディのお手本」といい、この話も「新八が肝試しでヤクザのおばけの格好してきたネタが好き」で着想のひとつになったとコメントしてくれました。

「続きを読まないと成仏できない」という声もあったこのマンガ。「いろいろな人がRTやいいねをしてくれて嬉しかったです。時間があれば続きを描きたいです」とのことなので注目です。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/po_ro_ro_ka/status/1118427916738555904 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき