ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

裏社会インタビュー:悪行を繰り返す旅館の仲居

どうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

世界に誇る温泉大国の日本ですが、社団法人日本温泉協会に登録された温泉地は、全国で約2,700ヶ所。風呂好きの日本人なら誰でも旅館などに宿泊した経験があるとおもいます。

うやうやしく出迎えてくれる従業員さんに身も心も預け、湯がとめどなくあふれ出る露天風呂にゆったりと浸かり、うまい料理と酒に舌鼓。上げ膳据え膳に日常を忘れる至福の時間。

しかし、あなたの世話を引き受ける満面笑みの仲居さんたちに秘密があるのをご存知でしょうか? 

もちろんすべてとはいいません。しかし有名な温泉旅館でも、「履歴書を出せないというワケありの女」が働いているという事実があるのです……。

今回は、トラブルが源泉かけ流しのように湧いて出てくる温泉旅館に勤めるKさん(38歳)にお話をお聞きし、彼女が知る温泉旅館の裏側をお伝えしたいと思います。

偽名を許す女将

丸野(以下、丸)「仲居になられたキッカケを教えていただけますか?」

Kさん「平成18年に、北陸・Z温泉にある『旅亭・花木屋(仮名)』に流れ着きました。女性誌の求人欄をみて電話をかけたんです。交際していたDV男から逃げるために、人里離れた場所に行ったんです。“履歴書は、こちらで書いていただきますから結構です”と言われたのも私には魅力でした」

「昔は身分証明書も提出しないでいい働き口が多く、新聞や女性誌に掲載されていましたもんね」

Kさん「ええ。その通り、“この紙に住所と電話番号、歳と名前だけ書いてね”と言われただけでした。水商売と同じで、詮索されたくない過去があるなら何も言わなくていい、という感じでした。でも、厄介ごとは勘弁というスタンスですが、日常茶飯事のようでした」

「で、偽名とウソの住所を書いたんですね」

よくしてくれる先輩たちの素顔

Kさん月給16万円、寮費・食費2万円引きの説明を受けて、私は就業契約書にサインしました。あてがわれた部屋に荷物を置き、支給された地味な和服に着替えてみなさんに紹介していただきました。全館で部屋数30室、お土産物コーナーとカウンターラウンジがあり、100名様を収容できる宿を、女性従業員18人、男性従業員7人でまわすのですが、朝からは戦場ですね

「布団の上げ下ろしとか、朝食の用意とか、館内の掃除、お客さんのお見送り、客室メイキングとか大変そうですもんね」

Kさん「休息時間はお客さんが出払ったあとのお昼間と深夜11時からのプライベートタイムだけ。毎日クタクタになっても、仕事の憂さ晴らしに必ず外に出かけます。それ以外にお金を使うこともないし、楽しみがないからです。でも、よかったのは初めの2週間だけ。3週目にはこの宿で働く人間たちの隠れた本性を知ることができたんですよね」

「それはどんな?」

お客さんの金を盗むのは当たり前

Kさん「仕事にも慣れた頃、商店街の親睦旅行御一行さまがお酒を召し上がって温泉に入られていたときに、清子さんがクローゼットの金庫の中を探っていたんですよ、合鍵使って。止めたんですが、“私ら、安い給料でこき使われているから、女将も黙認してるわよ”って、財布の中からお札を数枚抜いていました。それの半分を、私の着物の胸元にねじ込んできたんです。みんなもやっている……悪魔の囁きが何度もリフレインして、ありがたく受け取りました

丸「なるほど」

Kさん「環境というのは恐ろしいものです。それからは、清子さんから盗みの手口を教授され、ワタシも盗みにハマってしまいました。客の財布に入ったカードを盗み、週1日の休みをとっている仲居仲間が変わるがわる街に出て、換金できるブランド物の買い出し。団体客がくると格好の狩場になります。金庫に財布を入れるのを面倒に思った客の千円単位の小銭をネコババ。ちなみに、清子さんは窃盗での逮捕歴が2度ある過去を持っているそうです」

「マジすか!」

Kさん老人会なんかだと、ネコババし放題ですね」

自分を売る仲居

Kさん「シーズンオフには“ワケありカップル”が出没しはじめ、よほど2人きりにしてほしいのかチップをはずんでくれますし、結構割りがいい

「ほほう」

Kさん「それ以上稼ぎたい場合は、男性客相手に売春する仲居もいます。女将を頂点とする女の縦社会。ライバル意識と意地の張り合いで成り立っているんですよね。副業ですね、副業」

どれだけ稼いだか、で競り合うと……」

Kさん女将さんが斡旋してるときもあるんです。“枕仲居”ですね」

「女将さんが?!」

公安警察が旅館を訪れる……

「最後に、とんでもない事件に巻き込まれたとおっしゃられていましたね?」

Kさん「はい。旅館はじまって以来の大事件でしたね。私が1番仲のよかった同僚の美千代さん(31歳)は、何につけても、私のことを気づかってくれる仲の良い友人でした。2人でクリスマスを過ごしたり、買い物に行ったり……。でもある日、旅館に美千代さんを捜して、警察がやってきたんです。それも、どうも警視庁公安部の刑事で、彼女のことを探していたんですよね。そういえば、朝から美千代さんの姿を見ていないと思いました」

「公安警察ですか」

Kさん「あなた、親しくされていたあずささんですよね? “え、なんで私の本名を知っているの?”と思ったんですけど、刑事さんは“ちょっと、御足労願えますか?”と言われ、最寄りの署に……。取調室に閉じ込められ、3人の刑事が尋問をはじめました。“谷口美千代こと、キム・ジヒョンはどこへ行った!!”と言われて……。なんと美千代さんは、北朝鮮から密航で渡ってきて、日本で諜報活動を行なっていたというのです。本当に驚きました。もう訳がわからなくて……。共犯に間違われた私が釈放されるのが、2日後でした」

いかがでしたか?
さすがに最近では身分証明書の提出を求められるそうですが、旅館を利用するみなさん、くれぐれもお気を付けください。

(C)写真AC

※編注・本記事は取材に基づく内容となっていますが、全ての旅館でこのようなケースがあるわけではないことを、あらかじめおことわりいたします。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき