ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界5大ウイスキーをブレンド! 『SUNTORY WORLD WHISKY 碧Ao』新発売

サントリースピリッツから、アイルランド・スコットランド・アメリカ・カナダ・日本の世界5大ウィスキーの原酒をブレンドした『碧Ao(アオ)』が2019年4月16日から発売されます。700mlボトルの希望小売価格は5000円。

もともと『角瓶』『オールド』『ローヤル』といったブレンデッドウイスキーを夜に送り出してきたサントリーですが、2014年に『ジム・ビーム』で知られるビーム社とビームサントリーを設立。世界5大ウイスキーの産地の蒸留所を保有したことにより、サントリーの5代目チーフブレンダー福興伸二氏が「新たな挑戦としてブレンデッドウィスキーを開発する」というコンセプトで『碧Ao』を生み出したといいます。

SUNTORY WORLD WHISKY 碧Ao CHAPTER 0+1 サントリー – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=OHP-i4tIXTA [リンク]

『碧Ao』公式サイトや『YouTube』にて公開されているムービーでは、俳優の綾野剛さんが5大ウイスキーの産地を象徴する人にブレンドを提案。喧嘩しつつも「やってみよう」となるストーリーになっています。もしかして実際にそのような議論があったのかも?

アルコール度数43%の『碧Ao』。スコッチはアードモアとグレンギリー、アイリッシュはクーリー、アメリカのジムビームのクレアモントとブッカーノウ、カナディアンのアルバータ、日本の山崎と白州の各蒸留所の原酒を使用しています。

サントリーによると、各原酒の役割は次の通り。

スコッチ
・スモーキー
・スパイシー
・厚みのある味わい

アイリッシュ
・味わいの複雑さ

アメリカン
・華やかな香り
・バニラ様の甘い香味

カナディアン
・柔らかな香りと味わい

ジャパニーズ
・味わい全体をまとめる

海をイメージした碧色のブレンドカラーで、五角形のボトルが特徴的。羅針盤や波といった、海と船のモチーフが高級感を醸し出しています。2019年の目標は30000ケースで、バーを中心とした展開を想定しているとのこと。

肝心のテイストですが、なめらかで甘やか。鼻からスモーキーさとシナモンスパイスが抜けていく感覚で、バニラやパイナップルのフルーティーさ、後からクリーム系の甘さとウッディな香りがくすぐります。総じて複雑で繊細、多重奏な印象ですが、まとまりを感じさせるあたり流石といったところでしょうか。

飲み方としては、サントリーお得意のハイボールが美味しいのは当然として、さまざまなカクテルのスピリッツとしても面白そう。公式からは『山崎焙煎樽梅酒』とステアして『赤玉』を一滴垂らす『Ao Origin』などが提案されています。今後のレシピの研究に期待が集まります。

SUNTORY WORLD WHISKY 碧Ao(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/whisky/ao/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき