ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力
タイのピピ島と言えば、レオナルド・ディカプリオ主演の『ザ・ビーチ』の舞台として有名な世界屈指のリゾートアイランド。ただ日本のガイドブックにはプーケットから1日ツアーで行くのがおすすめくらいの記載しかなく、どんな場所なのかよく知らない人も多いのではないでしょうか?

ピピ島とはどんなところ?

まず気になるのが、2018年4月からのピピ島無期限閉鎖のニュース。そのニュースのせいでピピ島全体が封鎖されていると勘違いしている人も多いのですが、実際に閉鎖されているのは『ザ・ビーチ』の舞台、ピピ・レイ島のマヤベイのみ。1番有名なビーチが閉鎖されているのは残念ですが、ピピ島は他にも見所がいっぱいあります。

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力
ピピ島は、ひとつの島ではなく、大小の6つの島からなります。最も大きく宿泊施設があるのがピピ・ドン島。有名なマヤベイがあるのがお隣のピピ・レイ島。他にも砂浜がキレイなバンブー島などの島があります。プーケットからの1日ツアーではなく、ピピ・ドン島に宿泊した方がピピ島の良さを堪能できます。

プーケットからピピ島の行き方

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力
ピピ島には、タイのプーケットかクラビーからフェリーが出ています。筆者はプーケットから向かいました。

プーケットの街には寄らずにプーケット空港から直接向かったので、プーケット空港でフェリーの往復チケットを買い、フェリー乗り場「ラサダ桟橋」へ向かいます。空港からラサダ桟橋まではタクシーで1時間半ほど(700THB)。乗り合いバスも出ているようです。

筆者はフェリー往復1000THBのチケットを値切って900THBで購入したのですが、ピピ島では片道チケット300THBで売られていたので、プーケットからは片道チケットを購入した方が、復路は様々なフェリー会社から選べて時間の融通が利くのでそちらの方がおすすめです。ラサダ桟橋からピピ・ドン島にはフェリーで、2時間ほどで到着します。

 

ピピ島の中で宿泊施設があるのは、フェリーが着くピピ・ドン島のみです。車がない小さな島で、港からホテル、レストラン、マッサージ店、ダイビングショップ、土産店、スーパーなど様々なお店が並びます。街にいる観光客はほとんどがヨーロピアンを中心にした西洋人。日本人はもちろんのこと、中国人、韓国人もほとんど見かけませんでした。時期によるとは思いますが、アジアにいるのにヨーロッパに来たような気分が味わえます。

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力
フェリーが着くトンサイビーチと逆側のロ・ダラム湾に面したビーチにはクラブハウスが立ち並び、毎日深夜2時までパーティーが行われています。ビーチパーティーは、ピピ・ドン島の名物なので、ビーチの近くのホテルを選ぶと賑やかな雰囲気が楽しめます。

ただホテルが近すぎると、パーティーの音楽がうるさくて眠れません。ゆっくり休みたかったらビーチ沿いはやめましょう。筆者は現地の雰囲気を楽しみたかったので、ビーチ沿いのホテル「The Beacha Hotel」に宿泊しました。港には各ホテルのスタッフが待機していて、荷物はリアカーで運んでくれます。
 
The Beacha Hotel

ダイビング&シュノーケリング

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力
ピピ・ドン島には、ダイビングショップやツアーデスクがたくさんあります。島の中で価格は統一されているようなので、どこのショップで申し込んでも一緒です。ホテルの近くなど立ち寄りやすいショップで申し込みましょう。周辺の島のポイントを周るアイランドホッピングは1日600THB、半日は450THB。それとは別に入島税400THBがかかります。島々は近いので、プーケットからの1日ツアーに比べて、ゆっくりたくさんのスポットを巡れます。

プーケットまで行くなら、ぜひ足を伸ばしてピピ島に宿泊してみてはいかがでしょうか。

[Photos by sayoko ishii & shutterstock.com]
Do not use images without permission.
日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき