ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョメチョメ?チュンチュン? 親指ゲームの掛け声、なんて言ってる?

チョメチョメ?チュンチュン? 親指ゲームの掛け声、なんて言ってる?

 突然ですが、みなさんは「親指ゲーム」をご存知でしょうか?親指が上がった数を予測する単純な遊びで、以前、フジテレビ系列で放送されていた「SMAP×SMAP」では、“指スマ”と呼ばれていました。そんな「親指ゲーム」の掛け声は全国各地で違い、さらに千葉市では、区によっても違うと、4月15日に日本テレビ系列で放送された「月曜から夜ふかし」で紹介されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この日、番組では「千葉県 親指ゲームの呼び方ありすぎ問題」を紹介。そもそもの発端は、以前の放送でマツコ・デラックスさんが、親指ゲームの掛け声について「なんて言ってた?」と話し出したのがきっかけ。関ジャニ∞の村上信五さんが「いっせーのーで」と答えると、マツコさんは「ウチ(千葉市)、特殊なんだけど」と前置きし「チュンチュン」と話しました。

 しかし、客席にいた千葉市出身のお客さんは「チョムチョム」と答え、さらに千葉市出身の番組カメラマンは「チョメチョメ」と答えるなど、千葉市だけでいろいろな言い方があると、大盛り上がり。そこで、マツコさんがスタッフに「チュンチュン調査して」とお願いし、今回に至りました。

 番組では、千葉市を紹介する前に、全国の呼び方を調査。すると、山梨では「せっさん」、熊本では「数字の」、岡山では「ビンゴの」、愛媛では「ナメナメ」などと言われていることがわかりました。しかし、その中でも最も特殊だったのが沖縄で、その掛け声はなんと「命令対象」。親指ゲームで勝った人が、負けた人に命令ができるので、この掛け声なのだとか……。全国には本当にいろいろな掛け声があるようですね。

 続いて、注目の千葉県。番組が調査した結果、習志野市八千代市・四街道市・佐倉市・茂原市では「いっせーの」、船橋市・市原市では「せーの」、八街市では「いっせーのせ」、東金市・大網白里市では「いっせっせーの」と、多少違いはありますが、「いっせーの」がベースになった掛け声でした。

 そして、問題の千葉市ですが、まずはマツコさんの地元である稲毛区は、マツコさんが言っていたように「チュンチュン」でした。しかし、花見川区では「チッチの」、若葉区では「チョムチョム」、中央区では「ピッピ」、緑区では「チョンチョン」、美浜区では「チョメチョメ」と、バラバラ……。番組では、様々な専門家に話を聞き、なぜこのようにいろいろな種類があるのか?聞いたそうですが、分かる人は誰もいなかったとのこと……。

 さらに謎が深まり、今後の展開が面白くなってきた親指ゲームの掛け声問題。みなさんの街では、どんな掛け声でしたか?

<出典・引用>
日本テレビ「月曜から夜ふかし」(4月15日放送)
※画像は番組HPのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

ビュッフェ形式の食事を「バイキング」と言うのは日本だけ?
ピエール瀧の逮捕で考える出演作の「放送中止」や「お蔵入り」
「血液のがん」白血病と、私たちにできること

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。