ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒトラーは美術品を政治に利用していた?!ナチスによる美術品略奪を巡るドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(4月19日公開)

ヒトラーは美術品を政治に利用していた?!ナチスによる美術品略奪を巡るドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(4月19日公開)

ナチスによる美術品略奪を巡るドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』が4月19日から公開。

本作は、ナチスドイツにより奪われた美術品と、それに関わる人々の運命を描いたドキュメンタリーなんです。

 

ナチス美術品略奪の歴史

1933年から45年。ナチスはヨーロッパ各地を制圧。その際、略奪した美術品の総数は約60万点。戦後70年以上が過ぎた現在でも10万点が行方不明という始末。

なぜヒトラーはナチスを率いて、美術品の略奪を行っていたのでしょうか?

 

ヒトラーは芸術を利用していた?!

ヒトラーは、芸術を使って、権力をパワーアップさせようとしてたんです。それが、美術史上最悪の略奪に発展していく訳です。美術品は現在進行形で絶賛行方不明中。

そんな現状と美術品について、歴史家や美術研究家のインタビューと当時の資料映像で物語が進んでいきます。特に切ないのは、美術品を略奪された人々の遺族によるインタビュー。略奪の中で、ユダヤ人への悲しい歴史まで明らかになっていきます。それは、ヒトラーの思想や政治的背景が垣間見える構成になっているんです。

 

プロパガンダとしての芸術

ヒトラーは、ピカソやゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーら印象派の画家たちによる作品を“退廃芸術”のレッテルを。意図的に、大した事ない作品に見えるよう、酷い場所や額に入れずに飾ったりしてたんです。今の価値観で考えるとアホっぽいんですが、逆にナチスが認めていたアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。効果はいか程のものだったんでしょうか?

 

各界のプロが集結!!

ナチス・ドイツの美術史上最悪な略奪を案内するのは、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』や『修道士は沈黙する』などに出演し、イタリアを代表する名優トニ・セルヴィッロ。

さらに、ベストセラー「怖い絵」シリーズの著者である中野京子が日本語字幕監修を担当。

メガホンを取るのは、ヴェネチア・ビエンナーレやイタリア国立21世紀美術館などのドキュメンタリーを手掛けたドキュメンタリー作家のクラウディオ・ポリ監督。

 

民族対立や経済格差が煽られる現代社会

本作で描かれているのは、略奪の歴史だけではありません。

世界各地で略奪を進め、芸術を利用し、大衆を操ろうとするヒトラー。それに対し、ピカソやチャップリンなど、芸術の中に反戦の思想を織り込んだ芸術家たちのエピソードも語られていきます。

民族対立や経済格差が煽られる現代社会。トランプ政権が成立するような現在。もう二度と起きないと言えるでしょうか?

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は4月19日からヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

(C)2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved週刊プレイボーイ/週プレ 最新号:2019年4月29日号 (2019年04月15日発売)
Fujisan.co.jpより

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

監督:クラウディオ・ポリ

原案:ディディ・ニョッキ

編集:クラウディオ・ポリ

字幕監修:中野京子

キャスト:トニ・セルビッロ

原題:Hitler contro Picasso e gli altri

製作年:2018年

製作国:イタリア・フランス・ドイツ合作

配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

上映時間:97分

オフィシャルサイト:http://hitlervspicasso-movie.com/

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。