ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • TEAM NACS・戸次重幸主演! 禁断のラブ・サスペンスが劇場版に「男女で全く感想の異なる作品」
  • 『スパイダーマン ホームカミング』の続編、前作のトーンを踏襲するためすべてのクリエイティブ要素を維持へ
  • 『デスノート』が10年ぶりの映画化決定 しかも“藤原竜也”版の正統続編だぞ!
  • 【最恐のホラー映画を探してみた】ガジェット通信おすすめホラーをピックアップ
  • 【痛すぎ注意】北村一輝演じるプロの“サイコキラー”野村さんから学ぶ道具の使い方映像解禁!
  • 【独占】ピアース・ブロスナン&コリン・ファース&ステラン・スカルスガルド“イケおじ”3人が『マンマ・ミーア!』続編への思いを明かす
  • 今夏の米国での映画興行収入、2006 年以降初の40億ドルを下回る結果に
  • 『薔薇色のブー子』福田雄一監督インタビュー「指原とユースケは大分が産んだテキトウ二大巨頭」
  • 『ストレイト・アウタ・コンプトン』の脚本家アンドレア・バーロフ、映画『The Kitchen(原題)』の脚本を手掛ける
  • 映画『チャッピー』予告編が公開 同監督作『第9地区』ばりのロボットアクション展開も
  • ジョー・マンガニエロ、ベン・アフレック主演のバットマン単独映画でデスストロークを演じる
  • 第32回ゴールデンラズベリー賞が決定 今年はこの作品が各賞を席巻!!
  • 映画『X-MEN:アポカリプス』、アポカリプスにフィーチャーした新プロモーション映像が公開
  • 新シリーズ『HUGっと!プリキュア』ほか3世代が集結! 『映画プリキュアスーパースターズ!』2018年3月17日ロードショー
  • 【スター・ウォーズ】ダース・ベイダーとダース・モール 強いのはどっち?
  • 世界が注目する黒沢清監督が最新作『旅のおわり世界のはじまり』初めて挑んだ事とは? 染谷将太「あらためて監督のファンになりました」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

見た目はオトナ中身はコドモ! 「何度も大笑いできるA級コメディ」「ヒーロー映画の新しいモデル」映画『シャザム!』を大特集

「シャザム!」それは、最強でサイコーな魔法の言葉。これを唱えれば、筋肉ムッキムキ、稲妻バッキバキのスーパーヒーローに大変身! GW最大の爆笑作になる事間違いなしの『シャザム!』が、いよいよ4月19日(金)に全国公開となります。

全米で公開から2週連続で1位を記録。「『シャザム!』は一番楽しくコミカルなスーパーヒーロー映画だ(Forbes)」、「この映画の中で起きる色々なことに、何度も大笑いできる(USA TODAY)」、「とにかく脚本が研ぎ澄まされていて素晴らしい。ザッカリー・リーヴァイの演技が素晴らしく、とことん遊んでいて本当に楽しい!(JoBlo)」、「シャザム!はスーパーヒーロー映画の新しいモデルになる!(TIME)」と、メディアの大絶賛を受けている本作。ガジェット通信では『シャザム!』の魅力に迫る特集サイトを公開中です。

『シャザム!』の最大の魅力といえば、“見た目はオトナ、中身はコドモ”というヒーローとしては前代未聞なオモシロ設定! スーパーパワーを手に入れたことによって、オトナの体になれることが分かったシャザム(ビリー)は、コドモ憧れのオトナの飲み物・ビールを飲んで思わず吹き出したり、オトナなお店にチャレンジしたり……悪ノリし放題。

「ちょっとやりすぎじゃない?」と観ているこちらはドキドキなのですが、自分たちもコドモだったら絶対同じことしちゃいますよね?!

ノリノリのシャザム(ビリー)とヒーローオタクである友人フレディの“スーパーパワー”実験も見所。「次はこれが出来るか試してみて!」と様々な技に挑戦していき、その様子を動画に収めてアップロード。人気の動画になっちゃった! な〜んて、現代的な展開にもコドモあるあるが詰まっているのです。

そんな、コドモからオトナまで笑わせてくれる“A級コメディ”でありながら、最後にはホロリと感動してしまうストーリー展開にもご注目を。本作の監督を務めたデビッド・F・サンドバーグ監督は、

「この映画は、自分という人間がよりよい存在に成長していく物語です。もっと人と触れ合うことができるようなものになっていく。主人公ビリーの目的は自分の家族を見つけることだけれど、物語自体が共感を呼べるはずです」

とコメントしています。

また、「ひとつ言えることは僕も超オタクなので、同じオタクが作った映画ということで楽しめるはずだと思います!」と続けている監督。見た目はオトナでも、コドモ心を忘れていない皆さん、コドモ心を取り戻したい皆さん『シャザム!』でビリビリパワーチャージを! 詳細は特集サイトをご覧ください!

映画『シャザム!』特集 | ガジェット通信
https://getnews.jp/shazam

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき