ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界20か国・地域、日本は「行きたい旅行先」で1位_電通 ジャパンブランド調査2019 で


電通は、2018年12月に20か国・地域で「ジャパンブランド調査2019」を実施。その結果を発表した。
このジャパンブランド調査2019は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業の一環。
対象となった20か国・地域は、中国(グループA=北京、上海、広州、グループB=深圳、天津、重慶、蘇州、武漢、成都、杭州、大連、西安、青島)、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ(北東部・中西部・南部・西部)、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、トルコ。
おもな結果は次の6つのトピックス。
(1)20か国・地域全体で、日本は「行きたい旅行先」でNo.1。訪日意向は欧州エリアの国々の伸びが顕著に。
(2)2025年大阪・関西万博は、すでに認知が約5割、「見に行く予定・見に行きたい」人は約4割。
(3)訪日の阻害要因は、20か国・地域の全体では「費用」「言葉」「距離」がトップ3。東アジアでは「震災の影響(放射能など)が心配」「地震や豪雨など、自然災害が起きるのが心配」「費用」がそのトップ3。
(4)日本製品が持つイメージの競争優位性は「ハイテク」「高性能」「信頼できる」。2015年と比較すると「こだわりがある」「他にはない(Onlyone)」が大きく増加。
(5)今後使ってみたい日本ブランドのカテゴリーでは「健康食品・飲料」「化粧品」「医薬品」が上位に。特に「健康食品・飲料」は台湾・香港・イタリアで関心が高い。
(6)日本が、「女性にとって生きやすい/活躍している」と思っている国のトップ3はインドネシア、トルコ、インド。障がい者にとってそうだと思っている国はトルコ、タイ、インドネシア。
全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が実施した本調査は、2011年より対象エリアやサンプル数、設問項目を追加しながら継続的に実施。今年で9回目の調査に。
親日度(日本に対する好意度)や訪日旅行意向、訪問地域とその理由、日本産品に対する興味・関心やイメージなどに関する詳細データと知見の収集が目的。
調査結果は、海外に展開する企業や、国内で訪日客対応をすすめる企業などが活用。
今回の調査では、インバウンドで注目が高まる「トルコ」を新たに調査対象国として選定。全体としては前回と同様の20か国・地域でありながら、新しい発見のある調査になったという。

関連記事リンク(外部サイト)

モバイルSuica、銀行チャージサービスを7月から順次終了
北陸新幹線 金沢~敦賀 工事費2,263億円増加、国土交通省が認可
開業以来初、渋谷駅 地下出入口番号を変更_11月からABCDの4エリアと数字の組み合わせに

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。