ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選
カナダ東部にあるケベック州。州都のケベックシティやモントリオールなどの大都市に加え、国立公園、州立公園も数多く点在し、緯度の高いNUNAVIKと言われるエリアでは極寒の中で犬ぞりやオーロラ鑑賞も楽しめます。そんなケベック州に訪れたら、どのようなお土産を買っていくと喜ばれるのでしょうか。

そこで今回はケベック州で出会った人たちに、自慢できるお土産を片っ端から聞いてみました。どれもケベック州で買いたい商品ばかり。ぜひともケベック州に訪れる前に、チェックしてみてくださいね。

モカシン

最初はファッションアイテムから。モカシンといえば『アミモック』や『ミネトンカ』、『アグ』などのブランドが有名ですよね。その中でアミモックの本店は、ケベックシティの旧市街地にあるとご存じでしたか? 工場もケベックにあるため、完全にメイドイン・ケベックの製品を作っています。

© Amimoc
© Amimoc

そもそもモカシンとは、

<北部アメリカの先住民が使った靴。シカの柔軟な一枚皮で底と側部を包み込み、あるいはその一枚皮に甲を覆うU字型の皮を縫いつけて形を作る>(岩波書店『広辞苑』より引用)

とあります。北部アメリカとはもちろんカナダのケベック州も含まれていて、筆者も「インディアン(カナダの憲法に記載される表現)」を意味するファーストネーションズの土地に訪れてみると、ドリームキャッチャーなどの郷土品が置かれたお土産売り場の一角に、ハンドメイドのモカシンを見かけました。

靴の輸入販売を行う友人に聞くと、スタンレーという会社が昔はアミモックの代理店を日本でやっていたそうで、そのころから日本でも人気があったみたいですね。今ではミネトンカが根強く売れていると言いますが、アミモックもお土産として最適のはず。

© Amimoc
© Amimoc

ただ、好みの分かれるファッションアイテムのため、例えば子ども用の靴(50カナダドル=4,500円ほど)、ルームシューズ(60カナダドル=5,400円ほど)など、流行や好みを過敏に心配する必要がないお手ごろなアイテムを選ぶと、受け取る側もうれしいかもしれませんね。

メープルシロップ

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選
カナダのお土産と言えば、メープルシロップは外せません。メープルシロップはカナダの中でも東部、五大湖に面したオンタリオ州や、今回のテーマであるケベック州が主な産地となります。地元の人が「ケベック人の血はメープルシロップでできている」と豪語するほど、地域に根差した食品ですね。

『Délices Érable & Cie』という有名なメープルシロップのブランドの方に、「お土産品としてたくさんのメープルシロップがあるが、どうやって選べばいい?」と聞くと、「ブランド名は正直、あんまり関係ないと思う」と、物事を公平に教えてくれました。「どこが産地か、100%ピュアなメープルシロップか、その点だけを注意すれば、ケベック産のメープルシロップに外れはない」との話。

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選
ちなみにメープルシロップにはエキストラ・ライト、ミディアム、アンバーと3種類の味わいがあります。違いをモントリオールにあるジャン・タロン市場のメープルシロップ売り場で聞くと、最もバランスが取れた味わいはミディアムで、お土産にも最適だそう。ホットケーキにかけるメープルシロップとしても、このミディアムが最適で、売り場の方も個人的にミディアムが好きだと教えてくれました。

市場などでは缶入りから瓶入り、サイズも大小さまざまありますので、帰りのスーツケースのサイズに合わせて、買って帰りたいですね。

アイスサイダー(アイスシードル)

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選
ケベック州のヘミングフォードにある『NEIGE』というブランドが、初めて商品化に成功したというアイスサイダー(フランス語読みでサイダーはシードル)も最適なお土産だと、地元の人が口をそろえて教えてくれます。そもそもシードルとは、

<リンゴを発酵させたお酒。発泡性のものが多い>(岩波書店『広辞苑』より引用)

とあるように、リンゴを使ったサイダーのようなお酒。このリンゴに氷結リンゴを使用し、市場で商品化に成功したメーカーが上述したNEIGEになるのですね。

メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選
© La Face Cachée de la Pomme

ケベック州などカナダ東部は夏が暑く、冬はとても寒くなります。その寒暖差を利用してリンゴを育て、冬は木になったままリンゴを氷結させます。凍ったリンゴは酸味、甘み、フルーティーさが高まるのだとかで、真冬の寒い時間帯に1個1個、手でもぎ取って収穫し、製品化するみたいです。

地元のテレビ局CBCが『NEIGE』を取り上げた番組を見ると、日本が開発した品種のフジリンゴが使われているとの話も。その意味で日本に少しだけ縁がある商品と言えるかもしれません。

ちなみにカナダの寒さを利用したアルコールには、アイスワインもあります。今回のアイスシードルは別名で「アップルアイスワイン」とも呼ばれています。地元のガイドの方も「混同しやすいので注意」と言っていました。ケベック州で買いたい商品は、アイスサイダー(アイスシードル)の方ですね。

参考

[Footwear: Auclair & Martineau – Made in Canada]

[The other photos by Masayoshi Sakamoto(坂本正敬)]

 
メープルシロップの他は!?地元民に徹底調査【カナダ】ケベック州お土産3選

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき