ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界5カ国のブッフェがハイアットリージェンシー大阪に集結

ハイアット リージェンシー 大阪は、世界5カ国のハイアットシェフが月替わりで現地メニューを提供する「ワールドブッフェ2019」を4月19日(金)より開催する。

毎年恒例の「ワールドブッフェ」だが、今年は9月中旬まで毎月ごとにテーマ国を変え、メキシコ・トルコ・沖縄・ベトナム・インドのハイアットで腕を振るう5か国のシェフ達が、自国の料理を披露する。

4月19日(金)~5月6日(月)の期間は、無形文化遺産・メキシコ料理。「ハイアット リージェンシー メキシコシティ」のシェフが初来日し、トウモロコシ・豆・チリを主に使用した伝統的メキシコ料理や、人気の「ナチョス&タコスステーション」などをふるまう。料金は、ランチが大人3600円/子ども1800円、ディナーが大人4400円/子ども2200円。

5月10日(金)~6月2日(日)の期間は、多文化が溶け合う、世界三大料理の1つ、トルコ料理。羊や牛を使った種類の異なるケバブ・エズメ(豆や野菜のペースト)・ドルマ(米や野菜をブドウの葉などで包んだ料理)などの本場料理を「ハイアット リージェンシー イスタンブール」のシェフが作り出す。料金は、ランチが大人3400円/子ども1700円、ディナーが大人4400円/子ども2200円。

今後、6月は沖縄、7月はベトナム、8月はインドが予定されているので、各国の料理を食べ比べてみるものいいかも。

■「ハイアット リージェンシー 大阪」
住所:大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき