ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

トラウマに打ち勝て! 映画『ハロウィン』殺人鬼とヒロインが40年後の再会を果たす“激アツ”シーン解禁[ホラー通信]

ローリーは、もう泣かない。

映画『ハロウィン』(1978)の40年後を描く続編『ハロウィン』より本編映像が解禁。40年前のハロウィンの夜に凄惨な事件を巻き起こした連続殺人鬼マイケル・マイヤーズと、彼が殺しそこねた生存者ローリー・ストロードが40年越しのド派手な再会を果たす激アツなシーンです。

1作目ではウブな女子高生だったローリーもすっかり大人に。今や娘も孫もいますが、マイケルに襲われた過去を決して忘れてはいません。いや、むしろマイケルのことばかり考えて暮らしてきました。事件のあとマイケルは精神病院に収容されていましたが、「あいつは必ず私を殺しに来る」――ローリーはそう信じ、マイケル対策に万全を期していました。それも、家族がドン引きするほどに。しかしローリーの最悪の想像は、40年後のハロウィンの夜に現実になるのです――。

マイケルが街へと脱走したという報を聞きつけ、家族とともに自宅に立てこもるローリー。しかし、娘カレンの夫・レイの姿が見当たりません。銃を手に、レイを呼びながら玄関に近づいていきます。するとドアのガラス越しにマイケルの姿が! かつてはベソをかきながら必死にマイケルに応戦していたローリー、戦うヒロインの資質はすでに十分ありましたが、今度のローリーはもう泣かないのです! すぐさまドアを厳重にロックし、カレンに地下に逃げるように指示。銃を握りしめ、応戦体制に……。「殺(ヤ)られてたまるか」という明確な意思を見せながらも、表情にどこか恐怖が宿るローリー。果たしてローリーはトラウマに打ち勝ち、今度こそマイケルの息の根を止められるのか!? そしてマイケルも、今度こそローリーを仕留められるのか!?

宿命の対決をぜひ劇場で!

『ハロウィン』
4月12日(金)より公開中

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作:ジェイソン・ブラム 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:Halloween/106 分/R-15 指定

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき