「LIFEGUARD®」ブランドのマグボトル=『ステンレス製真空二重ボトル ライフガードLGSシリーズ』は、オシャレで実用的で、全米ライフガード協会をサポート!

access_time create folder生活・趣味

 

ボトル正面にプリントされたライフガードのロゴが、ネイビーやレッドのボトル本体に映えてカッコいい。しかも軽量スリムで携帯しやすく、使いやすいシンプルな設計のマグボトル。それが、アトラスから発売された『ステンレス製真空二重ボトル ライフガードLGSシリーズ』である。これなら、どこにでも気軽に携帯して、お好きなときに水分補給を楽しみたくなる。

 

海を守る「LIFEGUARD®」へのリスペクトから生まれた!

株式会社アトラス(東京・八王子市)はステンレス卓上用品や家庭用品の商品企画から製造管理、輸入販売を行う流通会社。超軽量のマグボトルやタンブラー、ポットなどの製品で知られる会社である。今回は、同社の『ステンレス製真空二重ボトル』に「LIFEGUARD®」のロゴマークを冠したシリーズの登場である。

「LIFEGUARD®」は全米ライフガード協会公認のブランドで、「人に優しく、地球に優しく」をテーマに、多くの人々に愛されているアメカジブランドの定番である。海を守るライフセーバーから生まれたブランドであり、「海を守る人」=LIFEGUARD®をリスペクトして生まれたのが、今回のこのマグボトルなのである。

 

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

220gという軽量スリムなボトルなので、持ち運びが楽であり、いつでもどこでも気楽に水分補給が可能になる。

 

保温性に優れた真空二重構造!

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

 

さて、このマグボトルの最大の特長は、ステンレス製の真空二重構造。これにより、保温性に優れ、冷たいモノは冷たく、熱い飲み物は熱いままで、外側の結露も防いでくれ、熱いモノを入れても、外側は熱くないために何の苦もなく手に持つこともできるのである。

 

このマグボトルの保温力は、室温20℃前後時に95℃前後の熱湯を入れ、6時間放置しても、ボトル内のお湯の温度は71℃以上を保つというもの。実際に試してみたが、熱湯を入れて6時間経過しても、ボトル内のお湯は、熱くて飲めないほど。有名メーカーの魔法瓶の保温力と比べても遜色ないものだった。

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

そして、スクリュータイプの蓋は、半回転ひねるだけでクイックに開閉ができ、しかも確実にしっかりと締め込むことができる。

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

手にして、パッと開けて、水を飲み、サッと締めることができる。使うほどに、この便利さは手放せなくなる!

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

また、広口の設計なので、冷蔵庫の氷もそのままラクラク入れることができる。

飲み口に付いている氷止め機能。

飲み口には、樹脂製の氷止めが付いているので、飲むときに突然氷が落ちてきて、口元でドリンクがはじけるようなことも防いでくれる。

a license programme of Ingram Co.,Ltd.

この『ステンレス製真空二重ボトル ライフガードLGSシリーズ』は、350mlと500mlの2種類を用意(写真は500mlタイプ)。アトラスオンラインショップで購入可能。

またこの商品の売上げの一部は、全米ライフガード協会の活動資金として活用もされるので、ライフガードブランドへの共感を覚える方は、このボトルを購入することで、その活動をサポートすることもできるのも嬉しい。

 

関連記事リンク(外部サイト)

感動的な軽さ!!国内最軽量マグボトル『エアリスト』お気に入りのカラーをカバンに入れて出かけよう!
『アクアージュ』は便利な機能がいろいろ!毎日使う水筒だから、子どもと一緒におためししてみた
1時間たっても美味しい温度で味わえる!『カレント・フタ付きコーヒーマグカップ』で至高のリラックスタイムを
ハロウィン限定パッケージが新登場!『サンホイル』を使った“簡単パンアート”で、パーティーを楽しもうっ!!
【iPhone XSカバー特集第2弾】可愛い手帳型PUレザーケース『GRAMAS FEMME 』を触ってみた!

access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧