ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【レベルス】ぱんちゃん璃奈「鍵は首相撲」老沼・松崎と三連勝を目指す

【レベルス】ぱんちゃん璃奈「鍵は首相撲」老沼・松崎と三連勝を目指す
ぱんちゃんは上下のコンビネーションを披露

 4月20日(土)東京・後楽園ホールにて開催の『REBELS.60』に出場するぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)、老沼隆斗(20=STRUGGLE)、松崎公則(43=STRUGGLE)の「チームSTRUGGLE」が都内で公開練習を行った。
 ぱんちゃんはWPMF&ISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原瑛作(23=クロスポイント吉祥寺)を相手にマススパー。リズムのよい上下のコンビネーションを披露した。
 今回が2戦目となるぱんちゃんは、2月17日のデビュー戦を「頭が真っ白だった」と振り返る。「落ち着いて戦うのが理想。今回はしっかり落ち着いて自分のしたい攻撃を出せれば勝てる相手」と、敵は自分自身の中にあると考えていることを明かした。
松崎との首相撲特訓は「鎖骨が当たって痛い」

 ジムの先輩である老沼は、ぱんちゃんを「気が強くて狂暴」とからかいながらも、「センスも身体能力も高い。気持ちを鍛えればトップまでいける」と高評価。チームSTRUGGLEのベテラン松崎も「とても練習熱心」とその姿勢を高く評価し、今後に大きな期待を寄せている。
 対戦相手の”鉄の女”Sae_KMG(クラミツムエタイジム)については「首相撲が強い選手」と評価し、現在は「7秒に1回は投げられている」というほど松崎から首相撲の指導を受けていることを明かした。理想の展開は「首相撲に入る前にダウンを取る」と、相手の土俵に上がる前に勝負をつけたいと語るぱんちゃん。2戦目にして初のKO勝ちを目指す。
次ページ:タイ人との初対決に臨む老沼と”中年の星”松崎のコメント

老沼・松崎は熱がこもるマススパー

 老沼と松崎はマススパーとは思えない激しい打ち合いを披露。老沼が手の早いコンビネーションを見せれば、松崎は随所でタイミングよくカウンターを狙う緊張感のあるマススパーとなったが、終了のブザーが鳴れば両者とも笑顔を見せた。
 老沼は対戦相手に念願のタイ人を迎えた。元ラジャダムナンスタジアム認定ミニマム級王者サンチャイ・ TEPPEN GYM(TEPPEN GYM)の研究を進めており、「現役時代はめっちゃ怖い」と、ムエタイの頂点を極めた経験のある相手に警戒を強めている。
待望のタイ人相手に老沼ラッシュは炸裂するのか

 空手仕込みの蹴り技で連勝中の老沼は「相手がタイ人なので蹴り合いで魅せ、蹴り負けないで倒しに行きたい」と、蹴り技でムエタイに挑む覚悟。「相手がどうこうではなく、自分の動きを出せれば大丈夫。やるだけやって当日を迎えるだけ」と、勝利の鍵は自分自身の中にあるという考えを示した。
 昨年末の初防衛戦では、試合終盤に蹴り技の連打「老沼ラッシュ」で会場を沸かせた老沼。REBELS次世代エース筆頭の蹴り技は、ムエタイに通用するか。
3月TKO負けの影響を微塵も感じさせない鉄人振りを発揮

 日本4冠王の松崎は、老沼のタイトルへの挑戦経験もある蓮沼拓矢(ノーナクシン東京)を迎え撃つ。「老沼君とも2回やっていて、両方とも直接見ている。会長の言うとおりにやるだけです」と、ベテランらしく気負いを感じさせないコメントを残した。長年のキャリアを通じて得た理想の試合の形を「いかに力を使わずに倒せるか」と結論。「ちょっとの動きでサッと斬る。気がついたら倒れているのが理想」と語る松崎からは、達人の風格を感じさせられる。
 3月10日の『ビッグバン』では、鳩(27=あつむ/TSK JAPAN)に額の右上をヒジで切り裂かれTKO負けを喫した。大きなダメージのため4月の出場が危ぶまれたが、その時の傷は「もう大丈夫」と万全の状態であることをアピール。老沼との三度目の戦いを目指す蓮沼の前に、不屈の”中年の星”が立ちふさがる。
三連勝を目指す「チームSTRUGGLE」

 ジムでの普段の練習について聞かれると、ぱんちゃんは「老沼君がとにかく速い。動くサンドバッグにさせられる」と語ると、老沼は「(この発言を聞いた)ぱんちゃんファンからの炎上が怖い」とおどけた。松崎は「老沼君には最初は勝てたけどもう勝てない。ぱんちゃんは短期間でどんどん力をつけている」と後輩二人の成長を評価。それぞれがお互いに信頼しあう環境の中でトレーニングをできていることが伺えた。
 会見の最後、松崎は「三連勝いきます」と高らかに宣言。それぞれが強敵を迎える中で、チームSTRUGGLEは最高の結果を得られるか。


関連記事リンク(外部サイト)

【レベルス】那須川ともスパー、稲石竜弥がタイトル戦に「なんでも当たる」
【レベルス】勝次が新技開眼、大岩を動かす日本人古来の動作を応用
【レベルス】日菜太がシュートボクシングとの対抗戦に出陣

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき