ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「人の痛みが分かる人は優しい」アニメ『さらざんまい』村瀬歩&堀江瞬インタビュー “つながり”をテーマに深いトークを展開

――今作はキャラクターそれぞれが秘密や闇を抱えている作品ですが、お互いに対して闇を感じた瞬間は?

村瀬:(堀江さんは)さっきの「生きてていいんだ!」発言です(笑)。僕はそんな風に思ったこと1回もない。自分はなったことないけど、「死にたい」は、自分が生きていることを自覚していて、それだけショックなことがあって死んでしまいたいという方向の気持ちなわけじゃん? でも「生きてていいんだ」は、常に自分を否定的に捉えているから、なんかすごい闇を感じる言葉だなと思った(笑)。その感覚が不思議!

堀江:正直、この作品を通して一稀の気持ちがすごくわかるんです。一回燕太から離れて客観的に見た時に、一番シンパシーを感じるというか、好きになるキャラクターが一稀で。一稀ってすごく面倒くさいんですけど、自分の中に同じものを感じるところはある。

――堀江さんは、根明とおっしゃっている村瀬さんに闇を感じた瞬間はありますか?

堀江:うーん、ないですねぇ。

村瀬:この作品にはでてらっしゃらないですけど、声優の柿原徹也さんにはエキセントリックとか言われて(笑)。

堀江:あ~、でもエキセントリックとは思わないですけど、例えば物が1つあったときに、僕みたいな凡人が1で捉えることを村瀬さんは10で捉えられると思います。それがエキセントリックと言われてしまう理由なのかもしれないですね。そういう人って多くの感覚をもっていそうなので、柿原さんはそういうところを感じ取っているのかもしれないです(笑)。

――最後にアニメを観てくださる方に見どころとメッセージをお願いします。

村瀬:この作品はいろんなテーマがあって人間関係も複雑に関わってくるんですけど、根本にあるものは「人と人との繋がりってどういうことだろう」とか、今SNSなどのツールで簡単に人と繋がれた気持ちになるけれど、それで本当に自分が満たされているのか、とか、いろいろなことを自分自身に問われているような作品だと思います。まずは6話までぜひ観ていただきたいです。物語の中に第1部、第2部があるとしたら、6話が大きな第1部の締めくくり的なところになるので、6話まで観ていただけたら、かなり作品へハマる度合いが高くなるんじゃないかなと思いますので、よろしくお願いいたします。

堀江:参加させていただいた自分自身も、毎週毎週、驚きと感動と本当にいろんな感情を揺さぶられるような作品でした。もうすごすぎて笑えてきたりとか、本当にいろんな相反する感情と表情があって、観る側も感情をどこに持っていけばいいのか、目まぐるしく変わっていく内容になっていますので、最終回までぜひ完走していただきたいです。出ているキャスト陣のお芝居も本当に素晴らしくて、一緒の空間でお芝居が出来ていることに幸せを感じながら毎週のぞんでいたので、みんなで作り上げたものをオンエアで観ていただいて、『さらざんまい』を好きになってもらえたらなと思います。

――ありがとうございました!

TVアニメ『さらざんまい』フジテレビ“ノイタミナ”にて4月11日(木)24時55分より放送開始!
アニマックスほか各局でも放送
※放送日時は変更となる場合がございます。

アニメ公式HP:
http://sarazanmai.com[リンク]

関連記事:
冒頭映像から多数の伏線が!? 謎が多い幾原邦彦監督TVアニメ『さらざんまい』完成度にキャストも驚き!「このアニメやばい」
https://otajo.jp/77723

幾原邦彦監督アニメ『さらざんまい』は「カッパがいそうな浅草を舞台に少年たちがつながり合う作品」AGF2018ステージレポ
https://otajo.jp/74880[リンク]

欲望サクシュ!幾原邦彦監督最新作 4月アニメ『さらざんまい』OP・ED入り本PV解禁
https://otajo.jp/77442[リンク]

(C)イクニラッパー/シリコマンダーズ

前のページ 1 2 3
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき