ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

聞きやすさを実感!音を最適化できるヘッドホン『My Audio Session』

My Audio Session
通勤や通学中にイヤホンなどで音楽を楽しむ人は多いですが、中には激しく音漏れするほど大音量で聞いている方もいますよね。
大音量で聞くことは聴力を消耗するだけでなく、周囲の人達にも迷惑をかけることになるのでできれば避けたいところ。
もしも聞こえにくくてそんなに大音量で聞いているのであれば、もしかするとそれはそのイヤホンやヘッドホンがあなたの耳に合っていないのかもしれません。
ヘッドホン
そんなデバイスと聴覚のズレを修正してくれるヘッドホン『My Audio Session』が、クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトを開始しました。
最先端のテクノロジーで、十人十色の聴覚に最適化された音楽を楽しみましょう。


聴覚を測定して音を最適化するヘッドホン

My Audio Session』は8つの周波数帯域で聴覚を測定し、一人ひとりに合わせて聴覚に最適化できるヘッドホンです。
専用アプリ(無料)により聴覚テストを実施することで、自分が聞きやすいと感じる音量に調整したオーディオプロファイルの作成が可能となります。
また、聞こえにくい音域を補強することで本来の音楽を再現するグラフィクイコライザー機能を搭載。
音を最適化するということは聞こえる音を増やすことであり、音が増えれば音楽鑑賞がもっと楽しいものになるでしょう。
My Audio Session

専用アプリの使い方

アプリはiOS/Androidどちらにも対応しており、スマートフォンにインストールして使用します。
左右それぞれの聴覚測定を8つの周波数帯域で行い、聞きやすいと感じる音量でオーディオプロファイルを作成しましょう。
聴覚測定中のアプリ画面
最適化が済んだらあとはいつも通りヘッドホンを装着して音楽を聞くだけ、たったこれだけで昨日までとは全く異なるサウンド体験が可能となります。
アプリは全て英語表記となっていますが、使い方の動画を参考にすればおそらく迷うことはないでしょう。


ボリュームを上げる必要なし!

デバイスごとにサウンドをカスタマイズしないということは、聞こえる音が偏ったり耳を痛めてしまうリスクがあるというのはご存知でしょうか。
オーディオ機器というのはフリーサイズの服みたいなものですので、そのままでは誰にでもピッタリというわけにはいきません。
オーディオで聴覚を痛めるリスク
My Audio Session』はフリーサイズの服を採寸してピッタリに作り直すことでオーダーメイドの着心地を提供、最適化されたサウンドは耳に心地よく音楽を聞くのがさらに楽しくなることでしょう。
聴覚感度をカスタマイズしているので、ボリュームを上げなくてもよく聞こえるというのも大きなメリットといえますね。
使用イメージ

発送は2019年6月頃

My Audio Session』は聴覚を最適化することに特化しているわけではなく、ヘッドホンとしての性能自体にももちろんこだわっています。
原音を忠実に再現するために50mmチタンドライバーを採用。顔と耳に当たるイヤーパッドには高品質の形状記憶フォームを使用して最高のフィット感を実現しています。
My Audio Session構造
ワイヤレス接続はBluetooth4.2なので最先端とはいきませんが、最適化されたサウンドはそれでもかつてないサウンド体験を提供してくれるはずです。
最長30時間の連続再生でデイリーユースに最適。
専用のハードケースが付属するのでどこにでも持ち歩いてさらに音楽を楽しみましょう。
気になる価格は¥51,840のところ、今なら¥29,800~とかなりお得にゲットできます。
今使っているイヤホンやヘッドホンに不満はないけれど気になるという場合は、この機会に“音の最適化”を体験してみてはいかがでしょうか。
セット内容
参照元:Makuake.com
合わせて読みたい:

聴こえ方は十人十色!完全カスタマイズ可能なヘッドホン『B&B PURE』

JBL T450BT

関連商品|JBL T450BT ¥4,446
Amazonで見る

※掲載価格は2019年4月10日時点のものです。

関連記事リンク(外部サイト)

ついに登場!肌着のようなつけ心地の睡眠用マスク『カッペリーニシルクマスク』
【レビュー#42】睡眠質を向上したくてメガネ型デバイス『PEGASI』を使ってみた
常識が覆る!指2本で8種類の項目を測定する健康管理デバイス『iCARE』

デジタル・IT
HACKTSUの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。