ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

舞台『PSYCHO-PASS サイコパス』に常守朱(CV花澤香菜)・禾生壌宗(CV榊原良子)・ドミネーター(CV日髙のり子)がボイスキャストとして登場

4月18日より上演される『舞台PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』の劇中のボイスキャストとして、アニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの常守朱(花澤香菜)、禾生壌宗(榊原良子)、ドミーネーター(日髙のり子)が、声のみのボイスキャストとして登場する事を発表!

本作は、演出に本広克行氏を迎え、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの脚本家・深見真氏が舞台用に書き下ろした完全オリジナルのスピンオフ・ストーリー。公安局刑事課三係を舞台に、オリジナルキャラクターたちによるストレートプレイとなります。

<常守朱(CV花澤香菜)プロフィール>
一係の指揮を執る監視官。
確固たる正義感と、色相の濁りにくい頑固な精神を持ち、過酷な状況でも自分を見失わず捜査に邁進するタフさを秘める。

<禾生壌宗(CV榊原良子)プロフィール>
公安局局長。その正体は、シビュラシステムの脳ユニットが交代で単独を行うための義体である。

<ドミネーター(CV日髙のり子)>
秩序を司るシビュラの目。
日本全国民の精神衛生を担うシビュラは、犯罪傾向の高い人間を病理として捉え、排除するための武器を用意した。ドミネーターは厚生省公安局の監視官と執行官に与えられる銃器である。

豪華絢爛なボイスキャストたちが、どのような彩りを添えるか、要チェックです。

尚、本公演のチケットは、既に完売しており、大好評につき、全国62箇所の映画館で、5月6日(月・祝)大千秋楽ライブビューイングが決定。4月14日(日)23:59まで、チケットぴあにて、先行プレリザーブ受付中。お見逃しなく!

ライブビューイング詳細
<日時>
2019年5月6日(月・祝) 17:00開演
<会場>
全国62箇所の映画館
<チケット料金>
3,600円(全席指定/税込)
※映画館により、特別シートなど追加料金が発生する場合がございます。
<チケットスケジュール>
【チケットぴあ】先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
4月1日(月)11:00受付開始~4月14日(日) 23:59受付終了
受付URL⇒http://w.pia.jp/t/psychopass-lv/[リンク]


関連記事:

シビュラシステムに重大な欠陥が!? 舞台『PSYCHO-PASS サイコパス』あらすじ&メインキャスト9名のビジュアル解禁
https://otajo.jp/77842

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき