ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

疲れた体には和食で栄養補給!ほっこりあたたまる肉豆腐のレシピ

疲れた体には和食で栄養補給!ほっこりあたたまる肉豆腐のレシピ

和食のレパートリーを増やしましょう♪

和食のレパートリーを増やしましょう♪

4月になりましたね。 環境の変化や、寒暖差などで、疲れがたまっていませんか?

疲れているときこそ食べたい「和食」。
和食を食べると、心が落ち着き、ほっこりしますよね。

今回ご紹介するのは、牛肉と豆腐を使った、たんぱく質がしっかりとれる、肉豆腐のレシピです♪
肉豆腐を食べて、体をあたため、ほっこりしましょう!

【材料・作り方】

【材料・作り方】

【材料】2人分
牛肉 180グラム(牛小間切れや牛切り落とし)
絹豆腐 200グラム

玉ねぎ 中1/2個
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1
顆粒だし 小さじ1/2
水 250CC
サラダ油 小さじ1

【作り方】
①玉ねぎは5ミリ程度に細く切ります。
②鍋にサラダ油を入れ、玉ねぎと牛肉を炒めます。
③牛肉の色がかわったら、水を入れ、ひと煮立ちさせます。
 ※アクが出たら、おたまなどで取ってください。
④顆粒だし、砂糖、醤油を入れます。
⑤絹豆腐を食べやすい大きさに切り、④に加えます。
 ※豆腐を入れる前に、牛肉と玉ねぎを寄せて、豆腐を入れるスペースを作っておきましょう。
  そうすると、煮汁に豆腐がひたるので、味がよく染み込みます。
⑥20分程度煮込んだらできあがりです。

「肉豆腐と、ご飯と、あと何にしよう?」

和食には、「一汁三菜」といわれる、基本の献立があります。
一汁は「汁物を1品」、三菜は「料理を3品」という意味です。

ご飯、汁物、メイン(肉豆腐)に、副菜2品を用意すると、バランスのよい食事をとることができます♪

たとえば、
*料理が苦手さん→汁物はみそ汁、副菜はキムチとフルーツ!
副菜はスーパーで買ったものでもOK! 立派な献立になります。
*料理が得意さん→汁物は豚汁、副菜はひじきサラダとたまご焼き!
たくさん食べたい人にはピッタリ! おなかいっぱいになりそうですね。

肉豆腐、ぜひ作ってみてくださいね♪

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき