ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

粘り強くモチモチな札幌ラーメンの“麺”の礎を築いた“だるま軒”のラーメンの人気の秘密とは

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。札幌ラーメンといえば全国のご当地ラーメンの中でも1、2を争うほどに有名で、北海道といえばラーメンという人も少なくないだろう。そんな札幌のラーメン店がよく使っている麺で“西山製麺”の多加水ちぢれ麺がある。粘り強くモチモチしているのが特徴で、スープによく絡みながらも麺の存在感も強い、札幌を代表する麺といえる。今や有名な西山製麺だが、その麺がどうやって札幌に広まっていったかを辿ると面白い歴史がある。

東京で中華の修行を積んだ西山仙治さんが昭和22年に屋台で営業を開始し、後に札幌の二条市場で店舗化した“だるま軒”というお店がある。この西山さんは麺作りが得意で、たちまち近所で評判となり、うちでも使わせてくれと各地の屋台から注文が集まるようになったそうだ。こうして西山さんの麺は本格的な製麺部門として独立し、今の“西山製麺”ができた。

札幌味噌ラーメンの元祖としても知られる“味の三平”が西山製麺を採用してから、北海道の全域に広がるようになり、札幌ラーメンといえば西山製麺と言われるようになったのだ。

そんな西山さんの開いた“だるま軒”だが、今も二条市場にお店を構えている。

こちらが『醤油ラーメン』。具はチャーシュー、伊達巻、メンマ、ノリ、ネギ。

いまだにかつての製麺機で作っている自家製麺が自慢で、良質なかん水と小麦粉のみで作った縮れ麺がスープによく絡む。スープは鶏ガラ・豚骨・昆布・鰹節などからとったあっさり醤油。

あっさりじんわりノスタルジックな一杯で、昭和の顔がまだここにある。当時から乗っているという伊達巻も何とも懐かしい雰囲気だ。あっさりながら自慢の麺が麺がしっかり主張していて美味しい。唇にぷるっと弾ける食感がたまらないのだ。

札幌ラーメンの歴史を目の当たりにできる名店。二条市場は海鮮ももちろん美味しいが、ラーメンの重要な歴史も残っている。ぜひ足を運んでみてもらいたい。

だるま軒
北海道札幌市中央区南3条東1丁目
011-251-8224

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。