ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベビーカーじゃないよ 子供用の探査車(ローバー)だよ

ベルギーのフリーランス開発者、Kris Temmermanさんが、ベビーカー代わりに子供用探査車(ローバー)を2才の息子さんのために製作しました。

Making a Rover For My Kid! Taking it for a spin! (YouTube)
https://youtu.be/ks08lflo0Iw

子供の座席にもコントローラーがありますが、メインの操作は探査車の後ろでお父さんが行います。

ただ単に見た目だけ探査車っぽくしたわけではありません。機能面も探査車を追求したおかげで、段差のある場所も楽々。

座席が高くて子供視点でも見晴らしがいいからか、ご機嫌な様子。

女子たちの視線も一人占め。

『YouTube』のコメント欄には、「皆の注目の的だね」、「この探査車には水鉄砲が必要だ」、「プライスレス!」、「いいお父さんだね」、「ハンディキャップのある人達向けの探査車にしたらバカ売れすると思う」、「ワイヤレスコントローラーにしようよ」、「あなたがお父さんなんて、息子さんは超ラッキー」、「NASAはあなたから学んだほうが良い」、「近所の子供達は嫉妬するだろうなぁ」といった声が集まっていました。

View this post on Instagram Kris Temmermanさん(@kris.temmerman)がシェアした投稿 – 2019年 3月月13日午前7時01分PDT

https://www.instagram.com/p/Bu83tgOgn39/
子供のおもちゃというよりは、完全にお父さんのおもちゃといった感じの子供用ハンドメイド探査車でした。

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/BvuRDS0A1sz/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。