ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

米在住者の各国かっぱえびせん食べ比べ!勝手にランキング

各国かっぱえびせん
やめられない、とまらない、かっぱえびせん。

日本にいる時は身近にあり過ぎて、ありがたみが分からなかったものは色々ありますが、在米の身に懐かしいもののひとつには「かっぱえびせん」があります。チャイニーズ・スーパーマーケット(中華系スーパー)で見かけて、「あ、かっぱえびせん。懐かしいな」とパッケージを持ち上げると、微妙に何かが違うような。そっくりなパッケージですが、日本とは違う国から類似品が発売されているのです。そこでどんなものなのか、各国のえびせんを食べ比べてみました。

フィリピン製

 

まずは、フィリピン製から。メーカー名は、その名も「おいしい(Oishi)」。創業60周年を迎えた会社ですが、このえびせんが登場したのは1974年で、今から45年前。カルビーのかっぱえびせんは1964年発売で、今から55年前。フィリピン製が10年後発になりますね。

プラウン・クラッカー(プレーン)

かっぱえびせん フィリピン製
海老の養殖が盛んなフィリピンゆえ、海老を前面に押し出しています。中央に海老のイラストがどーんと来てますね。パッケージは日本のものにかなり近いですが、歌舞伎揚げみたいなストライプが印象的。海老の味は、かなり濃いですね。

フィリピン製 プラウン・クラッカー(プレーン)

海老味: 海老の風味がかなり強い。
歯触り: やや固め。
味付け: 濃いめ。
海老のイラスト: 中央にどーん。
価 格: 1.59ドル(90グラム)
特 徴: 中毒になる味だが、MSGが強めかも。
販売元: Oishi (フィリピン)
Website : https://www.oishi.com.ph/products/oishi-prawn-crackers/

プラウン・クラッカー(スパイシー)

フィリピン製 かっぱえびせん スパイシー
フィリピン製プラウン・クラッカーのスパイシー味。パッケージにも唐辛子マークがたくさんついているように、かなり辛いです。えびせんの色も赤いですよね。舌に残る辛さは、スリラッチャの味でしょうか。食後、微かに苦味を感じます。

フィリピン製 プラウン・クラッカー(スパイシー)

海老味: 海老の風味がかなり強い。
歯触り: やや固め。
味付け: 濃いめ。
海老のイラスト: 中央にどーん。
価 格: 1.59ドル(90グラム)
特 徴: ジャンクな味。かなりスパイシーで、辛さが口に残る。MSGは強めかも。
販売元: Oishi (フィリピン)
Website : https://www.oishi.com.ph/products/oishi-prawn-crackers/

韓国製

韓国の辛ラーメンで有名なNong Shim(農心)から発売されている、かっぱえびせんのそっくりさん。スーパーのレジの横でセール品を見かけたので、購入してみました。パッケージもよく似ていますよね。

シュリンプ・クラッカー(プレーン)

韓国 かっぱえびせん プレーン
インパクト低めの、おとなしい味。海老の味、味付け共に薄め。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき