ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中島健人の「叱ってください」発言にキュン死続出!「エンリピします」「ファンになった」

3月28日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、東山紀之、中島健人(Sexy Zone)をはじめ、特別ドラマ『砂の器』メンバーがゲストで出演した。

上から転がり落ちてくるボールを頭上のかごで受け止めるゲーム『ピンボールランナー』で、東山がボールを受け止めるランナー役、中島が得点の高いピンクボールが転がってくる場所を指示する司令役を担当。

しかし、なかなかピンクボールが転がってこず、上手く指示を出せない中島は、ゲームラストの方は「ピンク来て、ピンク来て!」と、あまり意味のない懇願の言葉を口にしてしまった。

尊敬している先輩に東山の名前を挙げるほど、昔から東山のことを慕っている中島。この失態に中島は、東山をまっすぐ見て「叱ってください」とお願い。東山が「こ~ら!」と優しく叱るやり取りが繰り広げられた。

この一連の流れに、女性視聴者は悶絶!

・叱ってください→こ〜ら の破壊力…

・叱ってくださいというパワーワード

・かわいすぎる!!

・心臓ぎゅってなったむり

・可愛すぎて死ぬんだけど大丈夫?????

・暫くこの一言を胸に生きていこうと思います。ありがとうございます。エンリピします。

・「叱ってください」の余韻……

さらに、「『叱ってください』が好きでファンになった…」という人も現れるなど、神ファンサで知られる中島がテレビの前の女性視聴者の心まで撃ち抜いたようだ。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。