ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

KDDIが『キリンチャレンジカップ2019』で“ARサッカー観戦”を実施 JFA・キリンと5G時代に向けXRテクノロジーを導入へ

公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)とサッカー日本代表オフィシャルパートナーのキリン、サッカー日本代表サポーティングカンパニーのKDDIは3月25日、JFA主催の『キリンチャレンジカップ2019』でVRやARを総称する“XRテクノロジー”を導入することを発表。第1弾として、3月26日の『キリンチャレンジカップ2019』日本対ボリビア戦で“ARサッカー観戦”を実施しました。

“ARサッカー観戦”は、会場であるノエビアスタジアム神戸の一部シートにタブレットを設置。KDDIが次の3種類のARコンテンツを提供しました。

・視点ジャンプとスタッツ表示
テレビ中継を行うフジテレビの協力により、自分の好きな視点から試合を観戦できる“視点ジャンプ”と、リアルタイムに更新されるチーム・選手の“スタッツ”をAR表示。

・スタッツゲーム
「シュート数の多いチームは?」など、試合前にシュート数やボール支配率など様々なスタッツで試合結果を予想するゲームを提供。

・ARゲーム
ハーフタイムなど、試合中でない時間帯にARカジュアルゲーム『KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット』を提供。AR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くゲーム。

「キリンチャレンジカップ2019」×XRテクノロジー第1弾ハイライトムービー(YouTube)
https://youtu.be/KHoeT0MKcX4

今後5G時代に向けて、3者で最新のテクノロジーを駆使して、より楽しく、快適で、臨場感のある観戦体験の提供を目指していくとのこと。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき