ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 陛下が! オコエが! 大迫力アクション『ブラックパンサー』で最もテンションのアガる本編映像解禁
  • 全米最大のポップカルチャーイベント「コミコン2014」でタートルズファン5,000人が熱狂!
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』を観ないと激しく後悔する理由10連発【ネタバレなし】
  • 実力ある女優界の
  • イーライ・ロス監督最新作『デス・ウィッシュ』日本公開!! ブルース・ウィリスが復讐に燃える外科医に[ホラー通信]
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 第89回アカデミー賞:受賞結果一覧
  • 「劇場版モンスト」親子でも楽しめる? 小学生男子とお父さんに観てもらいました
  • グウェンドリン・クリスティー、ロバート・ゼメキスの作品でスティーヴ・カレルと共演
  • 映画『ブレードランナー』の続編の公開日、2017年10月に早まる
  • 『TOKYO TRIBE』園子温監督インタビュー「“日本映画はこうあるべき”って指令を受け取ってない」
  • 「今の日本映画はつまらない」という記事に反発するも……音楽プロデューサー福田裕彦さんの擁護ツイートが大炎上
  • 新シリーズ『HUGっと!プリキュア』ほか3世代が集結! 『映画プリキュアスーパースターズ!』2018年3月17日ロードショー
  • キュアブラック&ホワイトの勇姿ふたたび! 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』2018秋公開決定
  • 実写映画が公開中の『海月姫』コミックス15巻発売 あの伝説キャラの登場も……

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

「蹴り! パシッ!」が圧巻! 特撮ヒロイン佃井皆美さんにアクションについて聞いてみた

子供も大人も魅了する特撮の世界。

憧れますよね~!

今回、ガジェット通信ではそんな特撮の世界、仮面ライダー鎧武の湊 耀子(みなと ようこ)・(仮面ライダーマリカ)役を演じていた特撮ヒロイン、アクション女優の佃井皆美さんにインタビュー。

アクションについてや、今後の舞台出演作品『いつか~One Day』『デルフィニア戦記』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-』について伺ってみました。

特撮ヒロインのアクションが見たい! 「蹴り・パシッ」を見せてもらう

【動画】「蹴り!パシッ!」アクション女優・佃井皆美さんにアクションを見せてもらう(YouTube)
https://youtu.be/pOquGdMZ3ts

インタビューの前に到着するなり「特撮ヒロインのアクションが見たい!」というガジェット通信スタッフの要望に快く応じてくれる佃井皆美さん。

華麗な蹴りと見せていただきました。

また今後の出演舞台『いつか~One Day』『デルフィニア戦記』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ‐The LIVE‐#2 revival』についてもチラッとご紹介。

佃井皆美さんインタビュー

――― アクション女優になったきっかけを教えてください。

佃井皆美さん:元々、安室奈美恵さんが大好きで憧れていて演劇科を卒業後、最初は普通に女優さんの事務所でお世話になっていました。

その事務所に所属していた際、お仕事のオーディションで、そこで可愛い人も、きれいな人も。お芝居できる人も、歌が旨い人も、自己PRが凄い人もいっぱいいて。

「ハァ! すごい~! 私無理だ~!」と速攻で挫折しちゃって。「私、なにか武器をつけないと生き残れないわ、この世界」と。

「何か武器を……」と思ったときに、ずっとダンスをやっていたので、体を動かすことや身体表現が好きだったんですよ。たとえば、「舞台ですごいバク転をしてる女優さんがいたら嫉妬するな」と思ったんですよ。

――― ええ! すごいですね。

佃井皆美さん:その当時、アクションをやってる女優さんとかあまり知らなくて。水野美紀さんがちょっとアクションをやってらしたりとかはあったのですが、舞台ですごいアクションをやってる人がいたら悔しい、と思って。「じゃあ、私がアクションをする人になろう」って。

最初、入っていた事務所でのアクション稽古に今のアクション事務所の方が教えにきて「じゃあちょっと受けてみます」と。1~2年、ガッツリアクション勉強して……と思っていたのですが、アクションにガッツリハマってしまって。もっと極めたいな、と。

ちょうど、今の事務所に入って1年目にアクション映画のオーディションがあってそれに主演が決まりました。それからはホント導かれるままにアクションに行って今に至るみたいな……。

――― 仮面ライダー鎧武のマリカ役はオーディションを受けたのですか?

佃井皆美さん:仮面ライダー鎧武の際はオーディションではなくてオファーをいただきました。それまでも東映さんにアクションのある配役、戦隊映画の悪役だったりとか、ライダーのゲスト怪人とか、2話だけ出る悪い役でお世話になっていまして。

仮面ライダーWのホッパー・ドーパントというバッタの怪人をやったり。ずっとイナゴの佃煮を食べているという … …。知っていますか。

――― ゴスロリの怪人ですか?

佃井皆美さん:そう、それです! ずっと佃煮を食べてるんですよ! そんないきさつもあり、そんないきさつもあり、プロデューサーの方に女性ライダー役でお声をかけていただいて。で、せっかくならライダーの変身前と変身後どうですか、と。

――― いなごの佃煮を食べるのしんどくなかったですか?

佃井皆美さん:しんどかっですよ~! ホントに食べて。衣装合わせのときに“いなごの佃煮”食べれます?」って。私、虫が駄目すぎてエビも食べられないくらいなのですが、どうしてもその役がやりたかったんで「ハイ!食べれます!食べれます!」と言って。

そのときもうイナゴの佃煮が用意されてて(笑)。強がって食べましたね。

――― 桃は本当のところお好きですか?

佃井皆美さん:桃は大好きです! 果物全般好きです。

――― スーツアクターも演じられているということですが、仮面ライダーに変身前と変身後の演じわけみたいなものってありますか?

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき