ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版Evernoteがv4にアップデート、アプリUIがリニューアル、ビデオノート機能(ドコモユーザ限定)も追加

EvernoteがAndroid版「Evernote」のメジャーアップデート版(v4)をリリースしました。新バージョンではアプリのUIの大部分がリニューアルされています。新UIのトップ画面は上図左のようなもので、どの画面でも右側にフリックするか、象さんアイコンをタップすることで戻ることができます。トップ画面上を左にフリックすると、ノート/ノートブック/タグ、そして新たに追加された”場所”のリストやノート作成画面などに表示を切り替えることもできます。よりスピーディーに操作できるようになったと思います。トップ画面上に見られるノート、ノートブック、タグ、場所のリストはスクロールタブで表示されるようになりました。各項目は左右へのフリック操作で切り替えることができます。ノートブックのリストでは、自分で作成したノートブックと他の人から共有されたノートブックがまとめて表示されるようになりました。Evernoteでは、ノートに位置情報が追加されると都市名などのタグが生成されます。これまでのバージョンで”場所”は地図表示にしか対応していませんでしたが、v4では新たにリスト表示にも対応しました。”場所”は、一覧での表示中に画面下部の地図マークをタップすると地図でも表示することができます。ノートやタグの一覧、ノート閲覧画面などいくつかの画面にはUI下部に「アクションバー」が追加されました。アクションバーにはアプリでよく利用する機能やオプションがアイコンで表示されるので、直感的に目的の機能を呼び出すことができます。ノートも広く見ることができるようになりましたv4ではノートを読んでいるときにスクロールを開始すると上下のナビゲーションバーが消え、フルスクリーンで表示されます。画面をタップするとナビゲーションを呼び出すことができます。ドコモスマートフォンをお使いのプレミアムユーザ限定の機能となりますが、最長8分の動画を撮影してノートを作成できる「ビデオノート」機能が追加されました。ビデオノートはEvernoteのエディタやウィジェットに追加された専用ボタンからでも利用することができます。「Evernote」(Playストア)Source : Evernote



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Android 4.0搭載「らくらくスマートフォン F-12D」を発表
NTTドコモ、おくだけ充電対応モデル「ELUGA V P-06D」を発表
NTTドコモ、4インチIPS液晶・Snapdragon S4搭載LTEスマートフォン「Optimus it L-05D」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。