ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入園・入学祝いで株が激アゲ!?まだ間に合うお祝い絵本とは…

入園・入学祝いで株が激アゲ!?まだ間に合うお祝い絵本とは…

入園・入学祝いのシーズンでございます。(終盤でございます)

一般的には、親族の間ではお祝を渡したりいたしますが、会社関係では、しない方が多いのではないでしょうか…。よほどお世話になっている上司・先輩とかなら別でしょうが…。するとしても、どのくらいのモノを贈ればいいのか…難しいところでございます。

そこで、オススメいたしたいのが“絵本”でございます。

絵本は、1,000円から2,000円でございます。もらった方も、お返しどうしようか…と悩むこともございません。それどころか、自分のことを気にかけてくれていたんだなと、喜ばれること間違いナッシンングでございます。図書券などと違い、記憶にも残ること間違いナッシングでございます。

さらに、「出版業界は右肩下がりで大変らしいですけど、絵本業界は微増らしいですよ」など、時事ネタを交えながら絵本をプレゼントすれば、「ほう、いろいろ勉強しているんだな」と評価も激アゲでございます。

ただ、どうせプレゼントするなら、「ああ、コレね」というものよりは、「へぇ~、センスいいね」と言われる絵本を選びたいものでございます。

そこで、親の評価も上がること間違いナッシングなテッパンの入園、入学絵本をご紹介させて頂きます。テッパンといってそれほど有名ではございません。だからこそ、おススメなのでございます。それでいて、絵本通なら絶対に知っている、大人も楽しめる満足できるオシャレでアートな上質な絵本でございます。

「あいうえおの本」(作・絵:安野光雅 出版社:福音館書店)

こちらの絵本、左ページにはひらがなが、右ページにはその文字で始まるものの絵が描かれておりますが、そのひらがな(文字)も絵もゴイスーに上質アートなのでございます。

左ページのひらがな(文字)は、木で組み立てられております、もちろん写真ではございません。手書きでございます。木目まで美しく描かれております。だまし絵の要素も入っており、ずっと見入ってしまうこと、間違いナッシングーでございます。

さらに、文字や絵を取り囲むように各ページ、飾りも描かれておりますが、そちらも細かいところまでこだわっておられます。その中にも絵が隠れております。子供ばかりか大人でも何分、何時間でも眺めていられるレベルでございます。

絵のセンスが磨かれること間違いナッシングでございます。字をおぼえる絵本はたくさんありますが、これほど絵のレベルが高く、ことばの美しさを感じることのできる絵本は他にないかと…。

この1ページを描くためにどれだけの時間が費やされたのか…そんなことまで考えてしまう一冊でございます。

そして、もう一冊。

「ABCの本」(作・絵:安野光雅 出版社:福音館書店)

こちらは、さきほどのアルファベット版でございます。こちらも是非。作者は、どちらも安野光雄さまでございます。画家としても有名。絵本界の重鎮でございます。日本だけでなく、海外からの評価もハンパございません。

昨年、「魔女の宅急便」の角野栄子さまが受賞され話題になった児童文学のノーベル賞「国際アンデルセン賞」をはじめ、ケイト・グリナウェイ賞特別賞(イギリス)、ニューヨーク・サイエンスアカデミー賞(アメリカ)、BIBゴールデンアップル賞(チェコスロバキア)、ボローニア国際児童書展グラフィック大賞(イタリア)、海外の賞を総なめにされております。ご自身の美術館は、日本に2館もございます。

プレゼントされる際には、こんな蘊蓄も付け加えると、よる喜ばれること間違いナッシングでございます。さらに、相手が美術好きで安野さんのことをご存知であれば、効果は倍増でございます。

まだ、間に合います。遅い方が逆に目立っていいかも…でございます。

是非、絵本プレゼント、お試しくださいませ。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)入学準備 学習幼稚園 最新号:2019年4月号 (2019年02月28日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。