ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

無店舗型フードデリバリー専門レストランチェーン「Keatz」がベルリンに登場

独ベルリンで2016年に創設された「Keatz」は、いわゆる“ゴーストレストラン”と呼ばれるフードデリバリー専門レストランチェーンだ。

現在、ベルリン、ミュンヘン、マドリード、バルセロナの欧州4都市で10店舗を運営している。

・実店舗を持たず、フードデリバリーに特化したレストランチェーン

「Keatz」では、サラダ専門店「GreenGurus」、スープ専門店「SpoonySoups」、ブリトー専門店「GringoBurritos」など、8つの飲食ブランドを展開。

店舗から5キロメートル圏内を対象エリアとし、オンデマンド型フードデリバリーサービスの「Deliveroo」「Foodra」「Lieferheld」「Pizza.de」を通じて、注文を受け、自宅やオフィスなど、利用者の指定場所にフードメニューを届ける仕組みだ。

いずれのメニューもレストランと同等の品質を担保し、出来立ての美味しさをそのまま利用者に届けられるよう、食材、レシピ、調理プロセス、パッケージに至るまで、デリバリーに特化した独自の手法が用いられている。

・世界各地に広がる“ゴーストレストラン”

ゴーストレストランとは、実店舗を持たず、オンデマンド型フードデリバリーサービスを通じてオンラインで注文を受け、専門の業務用厨房施設で調理し、宅配するという新しい飲食業態だ。

独ベルリンでは「Keatz」に加えて「Honest Food Company」が創設されているほか、米国の「CloudKitchens」や「Kitchen United」、フランスの「Tester」、中国の「Panda Selected」など、近年、世界各地で広がりはじめている。

「Keatz」は、2019年3月、1200万ユーロ(約14億9300万円)の資金調達に成功しており、今後、欧州を中心に事業エリアを拡大していく方針だ。(文 松岡由希子)

Keatz

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき