ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Apple Watch充電器と複数のUSB端子がセットになった充電ケーブル「UFour」

多くのガジェットを持つ人が旅行をする際に悩むのが、それらの充電ケーブルがかさばるということ。たとえば、Apple Watchを使っている人はApple Watchの充電ケーブルとは別にiPhoneの充電ケーブルも必要で、もしかしたら人によってはさらにモバイルバッテリーの充電ケーブルなんかも必要かもしれない。

そこで今回はそんなApple Watchを利用する人なら重宝するであろう充電ケーブル「UFour」の紹介だ。

・Apple Watchの充電ケーブルで他のデバイスも充電?

UFourはApple Watchの充電パッドの他にMicroUSB、USB Type-C、Lightningの充電ケーブルを搭載したAll in Oneな充電ケーブルだ。インプット側はUSB Type-Aとなっており、枝分かれするような形でそれぞれ3種類の充電端子がついている。

これでわざわざ別々の充電ケーブルをもち運ぶことなく、Apple Watchを充電しながらiPhoneやモバイルバッテリーの充電も可能だということだ。

・耐久性もバッチリ

ケーブルはナイロン素材のワイヤーを編み込んでコーティングされているので、充電ケーブルでありがちな「断線」に悩む心配もなくなるのではないだろうか。ケーブルの長さは120cmと、長めにデザインされているのも嬉しい。

出力電流は1台の充電なら最大2A、複数の同時充電だと最大3.5Aとなる。UFourは現在Kickstarterにてキャンペーンを実施しており、1本23ドル(約2530円)から出資注文が可能だ。キャンペーンは2019年4月30日まで実施されている。

執筆:Doga

UFour/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき