ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画史に残る“恐ろしすぎた”映画『ヘンリー』特別上映 若かりしマイケル・ルーカーが演じる連続殺人鬼の日常[ホラー通信]

『ヘンリー』特別上映

絶望映画二本立て。

日本での劇場初公開が決定し、底なしの絶望的なクライマックスを迎えるとの触れ込みで話題を集めている『ザ・バニシング -消失-』(1988)。この公開を記念して、もうひとつの“恐ろしい映画”『ヘンリー』の特別上映が決定した。

関連記事:「ただ知りたかった 悪の限りを」 失踪した恋人をめぐる二人の男の狂気『ザ・バニシング -消失-』予告編

『ヘンリー』は1986年に製作されながら、その内容のあまりの恐ろしさからMPAA(アメリカ映画協会)によってX指定を受け、一時お蔵入りとなった。『13日の金曜日』のような観客を楽しませるホラー映画を望んでいた出資会社は、本作の観客を突き放すような冷徹な内容に唖然としたという。その後、1990年にようやくアメリカで劇場公開され、日本では1992年に公開されている。

『ヘンリー』特別上映

内容は、全米で300人以上を殺害したと云われる実在の連続殺人鬼、ヘンリー・リー・ルーカスの日常を淡々と綴った犯罪スリラー。流血や残虐シーンはほとんどないにもかかわらず、作品の放つ空気と徹底したドキュメンタリータッチの描写で観る者を戦慄させる。新聞各紙は、「これが本物の恐怖映画だ」「素晴らしい出来の映画であり、えげつないまでに不快な映画」とレビューしている。

殺人鬼ヘンリーを演じるのは、近年『ウォーキング・デッド』のメルル役や、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヨンドゥ役で人気を集めたマイケル・ルーカー

本作は『ザ・バニシング -消失-』上映館での特別上映となり、日によっては『ザ・バニシング -消失-』とのハシゴ鑑賞もできるタイムテーブルが組まれるとのこと。これ以上ないほど気が滅入りたい人にはうってつけの、絶望映画二本立てだ。

概要

『ヘンリー』ポスタービジュアル

『ヘンリー』

<ストーリー>
14 歳の時、虐待を繰り返す母を殺害したヘンリーは、相棒のオーティスとその妹ベッキーとの奇妙な同居生活をはじめる。だがヘンリーは、次第に本能的ともいえる殺人への衝動が抑えられなくなっていく。そしてヘンリーに惹かれるベッキーの様子を見たオーティスが嫉妬、共同生活は惨劇と化していく。

◆監督・製作・脚本:ジョン・マクノートン
◆出演:マイケル・ルーカー、トム・トウルズ、トレイシー・アーノルド、キャム・ヘスキン
1986 年|アメリカ映画|カラー|83 分|スタンダードサイズ|原題:HENRY: PORTRAIT OF A SERIAL KILLER|1992 年劇場公開作品
提供・配給:キングレコード

『ザ・バニシング -消失-』上映館にて特別上映!
・シネマート新宿:4/23(火)、4/28(日)
・シネマート心斎橋:4/13(土)、4/19(金)
・名古屋シネマテーク:5/4(土)~5/10(金)
・シネモンド:5/4(土)~5/10(金)
・出町座:上映時期未定
・シネマルナティック:上映時期未定
※上映時間未定

(C) 1986 MALJACK PRODUCTIONS

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき