映画『ブラック・クランズマン』 知れば知るほど引き込まれる“アフロヘアー”に詰まったパワーを徹底解剖! 「頭も人生もFunkyに!」あふろ佐々木インタビュー

access_time create folder映画

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」に潜入捜査したという前代未聞の実話を映画化した『ブラック・クランズマン』が、3月22日本日より公開となります。

『ブラック・クランズマン』ストーリー
1970年代半ば、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、情報部に配属されると、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>のメンバー募集に電話をかけた。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。騒然とする所内の一同が思うことはひとつ。 KKKに黒人がどうやって会うんだ? そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で一人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか―!?

「黒人刑事がKKKに潜入する」というびっくり仰天なお話が(しかも実話かよ!)、名監督スパイク・リーによって、時にコミカルに、サスペンスフルに描かれていく様子は、上映時間の135分があっという間。「この後どうなっちゃうの?!」と一瞬も目が離せない展開の連続で、ジョン・デヴィッド・ワシントン&アダム・ドライバーらを中心とする俳優陣の熱演が最高のクライム・エンターテインメントを完成させています。非常にヘビーな展開ながらちゃんとエンターテインメントになっており、でもエンタメに寄せすぎていない、社会について考えさせられる、今絶対観るべき1本なのです。

主人公のロン・ストールワースや、彼のガールフレンドをはじめとする、黒人の皆さんがキレーなアフロ姿を披露しているのも見どころの一つ。ギュッとつまったアフロ、ふわふわの大きなアフロ、色々なアフロが映画を彩っています。

このアフロヘア、見ている分には素敵だけど、実際にやったら色々と大変そう! シャンプーは? 美容院は? そもそもなんでアフロにしたの?! そんなアフロヘアに関する疑問を、お笑いコンビ「魂列車」のあふろ佐々木さんに聞いてみました!

魂列車 あふろ佐々木さん
https://twitter.com/momochi_niwaka [リンク]
おとなりは相方の椿さん
https://twitter.com/takk116 [リンク]

――本当に見事なアフロ姿で! あふろ佐々木さんはいつからアフロ姿なんですか? きっかけは?

あふろ佐々木:今25歳で、19歳の時にアフロにして、休んでた時期もあるんで5年くらいですかね。僕は北海道出身で、大学入学をきっかけに東京に来たのですが、そのタイミングで彼女が出来て遠距離恋愛がはじまったんです。その彼女のことがめちゃくちゃ好きだったんですけど、悲しいことにフラれてしまい、かなり落ち込んで……。それですげー気分転換しようと思って大学の夏休みにアフロにしました。

――わわわ、失恋がきっかけだったんですね。

あふろ佐々木:そうなんです。一生かけて大切にしたいと思っていたほど大好きな彼女だったんで。それでアフロにして最初は気分めっちゃ変わりましたけど、自分で自分自身の髪型は常に見られないじゃないですか。だから、すれ違う人とか、周りの友達とかが「うわ、すげえ!」って驚くけど、本人は「何が?」って感じなんすよ。別に見ている景色は変わらないので。そういう意味は気分転換にはむいてないかもしれないっすね(笑)。

――自分自身は常に見えない、確かに(笑)。でも、夏休み明けの大学では相当みんなの話題になったんじゃないですか。

あふろ佐々木:やっぱり反響はすごかったですね。不思議なのが、僕という人間は何も変わっていないのに、周りはワーワーすごいって言ってきたり、全然仲良くなかった人から「よう!」って声かけられたり。「みんな、俺自身じゃなくて、俺の髪型で判断してるの?!」って思いましたね。

▲アフロヘアじゃない、あふろ佐々木さん。

――なんだかなあと思いつつ、人間ってそんなもんなのかもしれませんね。アフロにした途端、仲良くない人からも声をかけられちゃうなんて。

あふろ佐々木:自分の中身は変わってないのに、周りが変わるっていうのはなるほどな〜って思いますね。あとは街中でも結構「よっ!」みたいな感じで、話しかけられたりハイタッチ求められたりすることもあって、「お、おう」って感じになってしまうので、その時は(反応が上手くなくてごめん!)って心の中で謝ってます(笑)。

――美容院はどのくらいの頻度で行ってるんですか?

あふろ佐々木:3ヶ月に一度くらいですかね。1回やるだけで1万6千円から1万8千円とかかかるんで、美容院のポイントカードはめちゃめちゃ貯まります。「美容院のポイントカードめちゃめちゃたまる!」これはアフロあるあるだと思います。

▲アフロをかけているところ。女性なら分かると思いますが、パーマヘアのカーラーのセットが、無数に密集している感じ

あふろ佐々木:シャンプーはみなさんと同じ様に普通にして、ドライヤーも同じです。乾かすのは結構大変ですね。地肌に熱風が届かないのでなかなか乾かない。大学生の時、就活のためにアフロを辞めていたのですが、めっちゃ楽だな〜って思いました。

▲ちょっと子犬っぽい、濡れたアフロ。

▲ドライヤーは大変らしい!

あふろ佐々木:寝ている時に、上向きで寝れば後頭部が、横向きで寝ればそれぞれ左右がぺっちゃんこになるので、基本セットする時に濡らす感じです。だから、外でうっかり仮眠とか出来ないんですよ! 痕ついちゃうんで。

▲アフロ、結構痕がつきやすい!

あふろ佐々木:濡らした髪を乾かしながら、目の荒いクシでとかしていって、ふわふわ整えていって終わりって感じです。

▲アフロ界の必須アイテム。クシ。

あふろ佐々木:大変そうだねってよく言われるんですけど、セットは5分かからないくらいで出来ます。だから面倒な事もありますけど、普通の髪型の男性みたいに鏡をしょっちゅう見たり、トイレでワックスで髪の毛直すのとかは必要ないから、トータル的にはアフロのが楽です! 女の子とデートでも、朝決めてきちゃえば、ずーっとおしゃべりに専念出来ます!(笑)

――それ! かなりナイスなポイントですね(笑)。

あふろ佐々木:あと、僕は『フィロソフィーのダンス』というアイドルグループが好きなのですが、特典会でチェキを撮った時に、めっちゃアフロを触られて。好きなアイドルの注目をひけますよ! というのもアフロにしてよかったことかもしれません(笑)。ちなみに、フィロソフィーのダンスがコラボしているバンド『SCOOBIE DO』のドラム・MOBYさん(オカモト”MOBY”タクヤ)は憧れのアフロです!

――やっぱり憧れアフロはいらっしゃるんですね! アフロ仲間とかいたりするんですか?

あふろ佐々木:めっちゃ欲しいんですよ! 吉祥寺には俺調べで、アフロの人が3人いて、スーパーとかでよく見かけるんでいつか仲良くなりたいですね。僕とお茶してもいいよってアフロの方はぜひTwitterにご連絡ください!

――記事をご覧になったアフロの皆さん、ぜひ佐々木さんにご連絡を!

――さて、佐々木さんにも映画『ブラック・クランズマン』をご覧いただいたわけですが、いかがでしたか?

あふろ佐々木:面白かったです。白人の嫌な部分と、黒人の嫌な部分が両方出ていて、変にどちらかの味方をするわけでは無い、フラットな描き方が好きです。僕は昔の映画を観るのですが、『毒薬と老嬢』(1944)という作品では、精神病や殺人をシニカルにブラックユーモアで描いていて、そういう作品が好きで、『ブラック・クランズマン』も恐ろしい出来事を笑いで描いたりするセンスがすごいなと思いました。

あと、映画の中でジェームス・ブラウンの歌詞が引用されたセリフや、アメリカの音楽番組『Soul Train』が話題に出てきたりするのですが、僕の相方がブラックミュージック大好きで、コンビ名の『魂列車』はその『Soul Train』からいただいているので、テンション上がりました!

――なんと、そんなつながりが!

あふろ佐々木:そうなんですよ、ビックリしました! この頭(アフロ)していると、60代とかの方に「俺も昔はそんな髪型してたんだよ」とか言われることがあって、その時代アフロが流行していたんだなって映画を観ていても感じますね。あと、主人公のガールフレンドのパトリス(ローラ・ハリアー)とか、女性のアフロもすごく可愛くて。ぜひこの映画をきっかけに、かっこいい、可愛い女性のアフロも増えたらいいのになって思います。

――パトリスのアフロめちゃくちゃ可愛いですよね! 確かに真似したくなっちゃう人もいるかも。今日は楽しいお話をどうもありがとうございました。これからもキレイなアフロを保ってくださいね!

▲成人式のあふろ佐々木さん。袴とアフロが意外とマッチ!

▲パスポートももちろんアフロ!

▲カラフルアフロ!

魂列車、直近のライブ情報!

3月29日(金)『RAGS TO RICHES』@新宿バッシュ!!
4月5日(金)『お笑いライブ 「D・N・k」』@中野シェイプレス

魂列車、その他の情報はHPやTwitterなどをチェック
< HP > https://tamashi-ressha.jimdofree.com/ [リンク]
< Twitter > https://twitter.com/tamashi_ressha [リンク]

映画『ブラック・クランズマン』
https://bkm-movie.jp

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧