ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

チェルシー、コンテとの闘い始まる…

チェルシー、コンテとの闘い始まる…
アントニオ・コンテ  写真提供:GettyImages

 チェルシーが違約金支払いを求めるアントニオ・コンテ前監督との裁判が始まったようだ。英メディア『スカイスポーツ』が伝えている。
 プレミアリーグのチャンピオンズリーグ出場圏争いから一歩後退しているチェルシー。成績だけではなく、FIFA(国際サッカー連盟)から今後2回の移籍市場における選手補強禁止処分が言い渡されている状況だ。
 そんな中、アントニオ・コンテ前監督との裁判が始まったようだ。
 コンテ監督は違約金900万ポンド(約13億円)の支払いを求めている模様。
 しかし、チェルシーはスペイン代表FWジエゴ・コスタが休暇先のブラジルから戻らず、プレーをボイコットした原因がコンテ監督にあったと主張。コンテ監督が「君は私の計画にない」とメッセージを送ったことが引き金となったようだ。
 最終的にコスタは5720万ポンド(83億円)でアトレティコ・マドリードへ移籍することになったが、このボイコットが無ければさらに高額な移籍金で売却できたと主張しているようだ。
 苦境に立たされているチェルシーだが、少しでもいいニュースをファンに届けることができるだろうか。

関連記事リンク(外部サイト)

欧州で大活躍中。アジアをけん引するトッププレーヤー5選
中国移籍噂のメルテンス、シメオネが獲得希望か?
マルディーニ息子、イタリアU18代表初選出で意気込み語る 「父親や祖父のように…」

FOOTBALL TRIBEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき