ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

はなまる「かけ小」で割安で既存メニューを再現

はなまる「かけ小」で割安で既存メニューを再現

リーズナブルな価格で、さまざまな種類のうどんが楽しめるとあって節約志向のサラリーマンに大人気の「はなまるうどん」。中でも要注目のメニューが「かけ小」(130円)でしょう。ネギが乗っただけのシンプルなかけうどんですが、ほとんどのメニューが300~500円の中、その安さはピカイチです。

はなまるうどんのかけ小にトッピング

はなまるうどんはトッピングの自由度が高く、ほかのメニューで使われているほとんどの具材が単品で注文可能。メニューに表示が無い場合でも、注文すれば「牛肉」「塩豚」「カレー」などのトッピングを付けられます。

「かけ小」をベースにこうしたトッピングを活用すれば、既存のメニューよりも安く、同等の商品を再現できるはず!? そこで、さまざまなトッピングを駆使した「かけ小」との組み合わせを検討しました。

「月見うどん」(300円)は「かけ小」に「生たまご」トッピングで再現可能。合計210円で食べられます。既存メニューの「月見うどん」にはわかめが入っているので、それをトッピングすると厳密にはオーバーしますが、1円でも安く月見うどんを食べたいならアリでしょう。

かけ小トッピングはメニューより安い

「かま玉」(300円)も「かけ小」の出汁ナシを使えば、忠実に再現できます。トッピングの生たまごを乗せてよくかき混ぜ、テーブルにある醤油で、味を調節すればOK。合計210円で楽しめます。

「かけ小」に塩豚をトッピングすれば「塩豚ネギうどん」(450円)の完成。既存メニューはうどんの上に乗って出てくるが、トッピングは別盛りなので2度楽しめるのも魅力。合計330円で再現できます。

「かけ小」の出汁ナシに半熟たまごと牛肉をトッピングすれば「牛肉温玉ぶっかけ」(450円)の完成。ぜいたくに2品もトッピングしますが、それでも410円と既存メニューより安く楽しめます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。