ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編
台湾にある「淡水」という街をご存知でしょうか?異国情緒あふれる洋館や、古き良き時代を感じさせる老街、インスタ映え必須のおしゃれスポットなど・・・台北屈指のデートスポットです。この街には、絶対に見逃せない景色がある!

【アクセス】台北市内から電車で40分!

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編
台北市内からはMRT(都市鉄道)淡水信義線で40分ほど。終着「淡水」駅まで、乗り換え無しの一本で行けるので迷う心配もありません。車窓からの美しい景色も堪能しながら、プチトリップ感覚を味わいましょう。

*時々、淡水まで行かない電車もあるのでご注意を!

恋人と見たい!「情人橋」からのサンセット

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編
訪れるなら夕暮れ時がおすすめ。というのも、淡水は「台湾で最も夕日がキレイな場所」と言われているんです。

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編
特に「淡水漁人碼頭(Tamsui Fisherman’s Wharf)」のランドマーク「情人橋」からの眺めは格別。”情人”は、”恋人”という意味なんだそう。なるほど、カップルが多いのも納得です。

【台湾】東洋のベニス「淡水」の楽しみ方!【1】恋人と見たい景色編

B級グルメストリート

淡水老街
(C)Ai Kaneko

淡水_B級グルメ
(C)Ai Kaneko

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。