ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ムエタイ】大田原友亮がルンピニースタジアム復帰

【ムエタイ】大田原友亮がルンピニースタジアム復帰
今年1月にタイ復帰を果たした大田原が、今度はルンピニーで試合を行う

 3月29日(金・現地時間)タイ・ルンピニースタジアムにて、大田原友亮(タイでのリングネームはユースケ・エクシンディコンジム)の試合が決まった。
 大田原は中学生の時より、タイ・ルンピニースタジアムを主戦場に戦い、これまでに約70戦を消化。2012年にはハイキックでのKO勝ちが話題を呼びタイ記者協会選出のシンラパムエタイ賞(芸術技賞)も受賞。以降、『THAI FIGHT』とも契約して試合を行った。
 近年は日本を主戦場としていたが、今年1月20日のラジャダムナンスタジアム参戦で5年ぶりのタイ復帰。その時は相手が契約体重を2.7kgもオーバーしたにもかかわらず試合を承諾し、判定負けするも、軽やかでスピーディーな動きを見せた。
 以前は旧ルンピニースタジアムで数々の激闘を繰り広げた大田原だが、2014年に移転した新ルンピニースタジアムでの参戦は初めてだ。今回の対戦相手デンキリ・サックウィチャン(タイ)は体格がごつく、接近戦でのパンチャー選手とのこと。大田原が得意のハイキックの連射などで、どう捌き勝つのか興行を主催するタイ大手プロモーションのペッティンディープロモーションからの期待も大きい。
2月のNJKFでの試合では、ペットワットとドロー

 なおこの試合は、タイ24chのムエタイ中継『True4U』で生放送される。大田原は「4月のBOMでの試合がなくなったのでタイで試合となりました。対戦相手がどうのこうのより、きっちりムエタイをやってきます。勝負の世界なので結果を残してから吠えます」とコメントしている。

Photo&Text 早田寛 Hiroshi Soda(シンラパムエタイ)

関連記事リンク(外部サイト)

【ムエタイ】44・ユウ、押川大也がラジャダムナンで激闘展開
【ムエタイ】福田海斗がTVマッチでルンピニースタジアムのメインに登場
【ムエタイ】福田海斗が現役ランカーに惜敗、トーナメント準決勝進出ならず

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。