ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中村悠一「カラ松の魅力は、カッコつけているのに隙だらけ」18歳の6つ子それぞれの印象も語る『えいがのおそ松さん』インタビュー

大人気TVアニメ『おそ松さん』の完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』が3月15日より絶賛上映中! 『えいがのおそ松さん』は、クズでニートないつも通りの大人の6つ子たちが同窓会に行き、迷い込んだ不思議な世界で、18歳(高校生)の6つ子に出会う物語。今回は、ナルシストで中二病をこじらせている次男・カラ松役の中村悠一さんにインタビュー。

高校3年生・18歳の6つ子たちは、大人の6つ子と少しキャラが異なります。18歳のカラ松を演じた感想や、今回の劇場版の見どころ、18歳の6つ子の印象など、たっぷり話を伺いました。

※劇場公開前に18歳の6つ子のビジュアルは解禁されていますが、キャラクターそれぞれの印象など少しネタバレを含むのでご注意ください。

他キャストに「マネしている」とツッコまれた? 中村悠一「そんなつもりじゃなかったのに(笑)」

――劇場版になると聞いたときの気持ちを教えてください。

中村:率直な思いとしては、嬉しさ3割、辛さ7割みたいな感覚ですね。TVシリーズの収録をしていたときは、テンションが高いので毎週すごい労力をかけて、ようやく面白くなったかな、と思えるような作り方をしていたので、これを劇場版スケールでやるのはどうなっちゃうんだろうと思いました。劇場版となるとおそらく90分以上あるだろうから、これはキツイな……(笑)と思って蓋を開けてみたら、なんと90分じゃなく、108分尺があったという。さらに、週替りの前説劇場もあって、収録は大変でしたね。

――18歳の6つ子が登場しますが、最初見たときの印象は?

中村:18歳の6つ子が出てくることは面白い試みだなと思いました。どうやって登場するのかわからなかったので、18歳の6つ子がベースで話が進んで現在に至るなどの展開になるのかな?など想像していたんですけど、まさか大人の6つ子と出会って、セットで何かするとは思っていなかったので、「いやいや、待て。映画でよくある、ゲストキャラクターが登場して、大活躍みたいな展開があるだろう!」と、僕は(脚本担当の)松原秀さんにも伝えたんですけど、「なるほどね」の一言で終わらせられました(笑)。思いの外、6つ子の登場シーンの割合が高かったですね。

――アフレコは、18歳の6つ子と大人の6つ子で2回録るので大変だったようですね。

中村:そうですね。18歳の6つ子と大人の6つ子が出会って物語が大きく進み始めるんですけど、結局、大人の6つ子が喋るだけじゃなくて、18歳の6つ子たちにも当然人格があるので、一緒に会話のやり取りをして引っ張り合っていくんですね。そこは物理的に一緒に録れないので、本番を2回やって録っていきました。ほとんどのキャストの方と一緒にアフレコ収録をすることができたんですけど、6つ子達の掛け合いが多い分、ほかのキャストさん達に待っていただく時間がすごく長かったので申し訳ないなと思いました。

――小野大輔さんも燃え尽きたとおっしゃっていたようですが、アフレコ現場で印象に残っていることは?

中村:最初は、なんだかんだ言って楽しくやっていたんですけど、夜のけっこう深い時間になりだしてから、明らかに全員の集中力の欠如、ミスの多さ、口が回らないなど、初歩的なエラーが僕も含めて目立つようになってきて、やっぱり歳だなと。これは体力が一日保たないよ、と如実に感じました(笑)。

――TVシリーズからスケールアップした部分は?

中村:アフレコ段階の線画でも、ここはだいぶ動かすんだろうな、と感じられたので、作画面はスケールアップしていると思います。アフレコ時の素材からでも、スタッフさんがここは思い切り動かしたいんだな、と伝わることがあるんです。そういうときって、人間の立ち姿に骨格がけっこうちゃんと作られるんですよ、骨格通りじゃないとちゃんと動けないので。それがわかるシーンが多かったので、作画面は当然気合いが入っているんだろうと思いました。

中村:また、僕的には1本100分超えのエピソードが『おそ松さん』で成立すると思っていなかったので(笑)、もっといくつものエピソードがバラバラと入っていてパートが分かれている作りをするのかと思っていたんですよね。それが、意外とシナリオを通して1本化されていて……、まぁ、一部絶対いらないっていうギャグシーンもあるんですけど(笑)、それを除くと、いらないようなギャグのシーンかなと思っても、ちゃんとそれがあることによって次に繋がるとか、面白く見られるきっかけになっていると思います。

TVシリーズと尺が違うということは、緩急の付け方も当然変えていかないと同じ構成ができない。それをしっかりやっているというのは、劇場版ならではの構成になっているかなと思いますね。『おそ松さん』らしい、必要のないギャグは入ってますけど(笑)。

――そうなんですね(笑)。

中村:「あれは一体なんだったんだろう?」と思うシーンがあって、みんなでアフレコしながら「コレいるかな?」と言ってましたよ(笑)。監督たちは「やってみたかった」と言っていましたけど。そんな作品です。

――それも良いスパイスになっているのでは?

中村:その可能性があるので、ちょっと油断できないですよね。たぶん、計算上は作品のスパイスになっているという想定で作られているので、そこも楽しんでいただきたいなと思います。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。