ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乾電池チェッカーほか100均で買いたい便利アイテム

乾電池チェッカーほか100均で買いたい便利アイテム

100均の電源・電池周辺グッズは便利なプラグやライトなど、あると助かる的サポートアイテムが目白押し。注目はダイソーの激安LED電球。大手メーカー製と比べても十分な明るさを実現しています。ダイソーで買い揃えたい電源・電池周辺グッズを見ていきましょう。

ダイソーのLED電球はかなりお得

乾電池をセットして、真ん中にあるメーターで残量を確認できる「乾電池チェッカー」は324円。1家に1台、いや1人1台持っておきたい便利アイテムです。単1~単5形乾電池に対応します。

海外旅行時に欠かせない変換プラグはトラベルショップで買うのが定番ですが、実はダイソーで揃います。「海外プラグCタイプ」は108円。AタイプとOタイプもラインアップしています。

ついにLED電球が100均で買える時代になりました。価格は432円とダイソーにしては高額商品ですが、普通に買うと1,000円近くするため、かなりお得。OEMではなくダイソー製のようですが、大手メーカー製と比べても明るさは十分です。

ナイトライトをセンサー式に改造

ダイソーのLED電球は40W・60W・電球色・昼光色から選択可能。口金E17サイズもラインアップするなど、バリエーションが豊富なのもうれしいところ。

「LEDナイトライト」は足元を照らしてくれる、コンセント差し込み型のLEDライト。以前は照度センサーが付いていましたが、コストカットのためかスイッチ式になってしまいました。

腕に自信のある人は、背面ネジを外して分解。ベースの基板に「1MΩの抵抗」「サイリスタX0202MA 2BL2」「CDS 光センサー 5mmタイプ」を追加配線。ボディ正面に穴を開け、光センサーをボディの外に配置すれば、動きを検知して、ライトが自動点灯するように改造できます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。