ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

阪神電車 新たにインバウンド施策を進めています


阪神電車は、近年増加している訪日外国人が、駅や列車を快適に利用できるように、さまざまなインバウンド施策を進めています。その一環として、3月20日(水)から、阪神なんば線を中心に列車内の多言語自動放送を導入します。通常時の案内に加え、異常時における案内の一部も多言語化することにより、訪日外国人へのサービス向上を目指しています。
対象車両は、阪神なんば線で運行される1000系、9000系車両、阪神線に乗り入れている近鉄車両です。実際には車掌がタブレット端末を操作することにより自動放送が流れます。
※タブレット端末を操作している様子
対応時間帯は、7時から20時。日本語と英語、一部で中国語・韓国語にも対応します。
駅での案内をスムーズにするため、2018年9月から翻訳アプリを搭載したタブレット端末や翻訳専用端末を駅に導入しています。列車案内、観光案内や忘れ物の対応などに幅広く対応が可能になっています。日本語・英語・中国語・韓国語に対応。導入された駅は、梅田、尼崎、甲子園、魚崎、御影、神戸三宮、高速神戸、新開地、桜川、九条、西九条の11駅。
※翻訳専用端末を使ってお客様の案内を行う駅係員の様子
阪神電車では初めての自動外貨両替機を、梅田、西九条、神戸三宮3つの駅に設置しました。各駅の始発〜終電の時間帯で使用でき、年中無休です。※神戸三宮駅を除く
取扱通貨は、USドル、ユーロ、UKポンド、豪ドル、香港ドル、中国人民元、韓国ウォン、新台湾ドル、シンガポールドル、タイバーツ、インドネシアルピア、マレーシアリンギットと12カ国の通貨に対応します。両替機は、10カ国語のモニター表示と日本語・英語の音声ガイダンス機能があります。
※神戸三宮駅西改札側に設置している外貨両替機

関連記事リンク(外部サイト)

阪急 十三駅 5号線に可動式ホーム柵、3/9使用開始
南海本線 尾崎駅駅舎供用を再開します
南海電鉄、ラピートと空港急行を増発_4/6から

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき