群馬でやりたい100のこと

access_time create folder生活・趣味
群馬でやりたい100のこと

はじめまして、群馬県のカルチャーメディア「gooma」を作っている市根井(いちねい)です。

自分はこれまでの人生24年間をすべて群馬で過ごしているのですが、仕事で県内をぐるぐる回っていると「群馬県民にも知られていないもの」がたくさんあることに気づきます(実は地元観光ってめちゃくちゃ楽しいのです)。

今回は、その中でも県外の方が群馬県に来る際の参考として、観光目線で100個のおすすめポイントをまとめてみました。

「王道」みたいなものから少しだけ外れた、今現在楽しめる群馬をぜひご覧ください。

 

群馬のグルメを味わう

つばめ氷菓店のふわふわかき氷を堪能

photo by 1nei

群馬県太田市に彗星のように現れたかき氷屋さん、つばめ氷菓店。

桐生市で「山蜜」としてかき氷を提供していた店主が、移転のような形で太田市でお店を開いたのだとか。季節に応じて様々なソースが用意されており、行くたびに心が踊ります。

良質なイチゴが仕入れられたらイチゴソースをつくり、クリスマスになればカラフルなフルーツサラダをのせ、バレンタインであればホワイトチョコレート!見た目もかわいくて、ふわふわの天然氷は無限に食べられる美味しさです。
■詳細情報
・名称:つばめ氷菓店
・住所:群馬県太田市大原町436-5KKタウン
・営業時間:平日13:00〜18:00予定、土曜 日曜11:00〜17:00予定
・定休日:月曜日、火曜日(冬季は不定期営業。詳細はお店のTwitterを確認してください)
・オススメの時期:夏!
・サイトURL:https://tabelog.com/gunma/A1002/A100203/10019887/

パスタの街である高崎市のパスタは、どこで食べてもなぜか大盛り

北関東の玄関口である高崎市は、実はパスタの街。創業50年を超える老舗から新店まで多くのパスタ店がしのぎを削る、パスタ激戦区となっているのです。その理由は「群馬県が全国有数の小麦生産地になっているから」で、特に高崎市は粉もの文化が生活と密接に結びついています。

そんな高崎市のパスタ店は、ローカルチェーンや個人店に関わらずなぜか大盛り!一人前の麺量は150g〜がデフォルトなので、群馬出身の人は東京に出ると「パスタが少ない……」と嘆くのです。

一年に一度「キングオブパスタ」という祭典も開かれているので、高崎のパスタを一気に堪能したい場合は開催に合わせて観光してみるのもオススメです!

 

おしゃれなのにお手頃価格な「そば岡部」

photo by 1nei

自分が藤岡市に出かけた時に最も衝撃だったお店。ランチが食べられるお店を探していたところ、コンクリート打ちっぱなしのデザイナーズな外観のおそば屋さんを発見。

「超高級そば屋なのでは……」と怯えていましたが、入ってみればランチメニューは「そば+そば豆腐+天ぷら+デザート」で1050円!

キレイに手入れされた中庭を眺めながら、安くて美味しいおそばがいただけるお店。藤岡市に立ち寄った際はランチにどうぞ。
■詳細情報
・名称:そば岡部
・住所:群馬県藤岡市藤岡937-1
・営業時間:昼11:30~14:30 夜17:30~22:00 21:00(LO)  日・祝: LO 20:30
・定休日:水曜日・木曜日
・電話番号:0274-24-8118
・サイトURL:https://tabelog.com/gunma/A1005/A100502/10000864/

 

他に、群馬のグルメを味わう方法

・桐生名物「ポテト焼きそば」は、意外だけど納得する組み合わせ
・麺の太さは店それぞれ!ひもかわうどんを食べる
・富岡市の謎グルメ「ホルモン揚げ」を食べてみよう
・これぞグンマー、秘境ラーメン「わたりや」
・「竹の家」のソースカツ丼が群馬で一番好きなんです
・みなかみで遊んだついでに「大とろ牛乳」を食べる
田園プラザかわばで「山賊焼き」や「パン」を食べ歩こう
・人生で一度は食べたい永井食堂のモツ煮定食
・伝統的な「山廃仕込み」のお酒、土田酒造の日本酒を試飲する
・「福寿茶屋」の生揚げはサクサクふわふわで本当においしい
・前橋商店街に行ったら、なか又の「わぬき」を食べてみて
・「双葉食堂」のホルモンやカツ丼の美味しさは、行かないとわからない

 

群馬の穴場スポットを訪れる

「雨に花」でコーヒーとともに店主のフィルム写真をあじわってみる

photo by 1nei

赤城山麓にひっそりと佇む「雨に花」というカフェ。店内はドライフラワーや店主こだわりの雑貨で彩られ、とても素敵な空間になっています。

深煎りで刺激的なコーヒー「雨」を飲むもよし、美味しいアラカルトをいただくもよし。カメラマンでもある店長のフィルム写真とともに、楽しい時間を過ごすことができますよ。
■詳細情報
・名称:雨に花
・住所:群馬県前橋市富士見町赤城山1789-64
・営業時間:ランチ(月・水・土・日)12:00〜16:00、ディナー(月・火・水・金・土・日)18:00〜24:00(金・土のみ25:00)
・定休日:木曜日
・電話番号:027-289-5867
・公式サイトURL:https://tabelog.com/gunma/A1001/A100101/10018821/

車で来たなら、各所にある「メロディライン」を走ってみよう

日本一の運転免許取得率を誇る群馬県は、言わずもがな自動車大国。観光地に向かう山道には様々なメロディラインが配置されており、その数なんと11箇所!

草津温泉に向かう道路で流れるのは「正調草津節」、童謡の作詞者である石原和三郎のふるさと・みどり市では「うさぎとかめ」。アニメ映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のモデルとなった四万温泉への道中では「いつも何度でも」が流れます。

メロディラインは走って楽しいだけでなく、速度が出がちな山道を適切な速度で走ってもらうためにも貢献しているらしいですよ〜!

 

子どもを遊ばせるなら「群馬の森」!とても広いのです

photo by 1nei

家族で群馬旅行を楽しむなら、子どもが元気に走り回れる場所も知っておきたいところ。自分がおすすめするのは、「群馬の森」という上下に長い都市公園です。

広い芝生や多様なアスレチックがあり、ボールをひとつ持っていけば何時間でも遊べてしまいます。

敷地内は大きな森に包まれており、昆虫や植物とふれあうきっかけにもなりますよ!
■詳細情報
・名称:群馬の森
・住所:群馬県高崎市綿貫町992-1
・開園時間:(4月〜9月)7:30〜18:30 (10月〜3月)8:00〜17:30※時間外は閉門します。
・電話番号:027-346-2269
・公式サイトURL:http://www.gunmori.com

他に、群馬の穴場を観光するなら

・車好きはレーシングカフェ「ディーズガレージ」で盛り上がろう
・星野富弘の強かな思想を目で感じる「富弘美術館
・「13 coffee roasters」で特別なコーヒーを
・ブックバー「月に開く」で萩原朔太郎に思いを馳せる
・本格的な回遊式庭園がある「徳明園」で季節の木々を楽しんで
・蔵が多いみどり市大間々町は文化を感じる街並み
・片品の「とうもろこし街道」で産直野菜を食べ歩きしてみる
・のこぎり屋根のパン工房で食べる「のこぎり屋根フレンチトースト」
・「桐生が岡遊園地」にある動物園は、なんと無料で入れます
・江戸のテーマパーク「三日月村」は穴場すぎるかもしれない
・「たくみの里」でお面やこんにゃくを手作りする
・中之条町の歴史をおさらいするために、「太子駅」を見に行く
・過去に鉄道が通っていた「めがね橋」は、遊歩道として楽しめます
・にっぽんいち なつかしい ゆうえんち、「るなぱあく」で遊ぶ

 

群馬で自然を満喫する

温泉成分で青く輝く四万湖ではSUPやカヌーを楽しめる

photo by 1nei

中之条町にある四万温泉、その温泉街入り口あたりにある「四万湖」。温泉成分が溶け出し、その水の色は宝石のように輝いています。

夏場になると、この湖ではカヌーやSUPなどのウォーターアクティビティを楽しむことができるようになります。

特におすすめしたいのはSUP(Stand Up Paddle)で、これはサーフィンボードのようなものの上に立ったままパドルで前進するスポーツです。難しそうに見えますが、インストラクターのお兄さんが丁寧に教えてくれるので初心者でも安心です!

 

個人的に一番美しい紅葉が見られると思うのは「吾妻渓谷」

photo by 1nei

秋になると県内いたるところで綺麗な紅葉が見られるのですが、自分が最も綺麗だと思うのは「吾妻渓谷」の紅葉。黄や赤の木々が青の吾妻川に迫り、視界一面がカラフルなんです!

渓谷に沿って整備されている遊歩道を歩いて深呼吸すると、日々のストレスが和らいでいきます。

 

春〜初夏は「つつじが岡公園」で花に囲まれてみて

photo by 1nei

群馬に伝わるローカルかるた「上毛かるた」で「花山公園つつじの名所」と読まれる、つつじが岡公園。4月〜5月は園内に色とりどりのつつじが咲き誇り、まるで楽園のような世界になります。ちなみにその中には、推定樹齢800年を超えるものも存在します(つつじの樹齢について考えたこともなかった)。

つつじの時期が終わり夏場になれば、今度は城沼にハスが咲き乱れます。しかも船が出てクルージングできる!一年中楽しめちゃうな〜。
■詳細情報
・名称:つつじが岡公園
・住所:群馬県館林市花山町3278
・営業時間:8:00〜17:00
・定休日:なし
・電話番号:0276-74-5233
・料金:見頃は620円、咲き始め・終わりは310円。中学生以下無料
・所要時間:
・オススメの時期:4月〜5月(つつじまつり期間中)
・公式サイトURL:http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/index.html

他に、群馬の自然を満喫する方法

・「四万の甌穴」で自然が作り出した神秘にふれる
・「小中大滝」は赤い橋と紅葉のコラボレーションが綺麗
・利根川の源流があるみなかみ町でキャニオニングを楽しむ
・約1ヶ月間と長く楽しめる「桜山公園」で冬桜にふれる
・わたらせ川に迫る高津戸峡の紅葉は息を飲む美しさ
・体力に自信があるなら妙義山のハイキングがおすすめ
・梅の開花の時期にあわせて「みさと梅まつり」に行く
・上毛三山のキャンプ場はそれぞれ特徴があって面白い
・群馬のナイアガラ「吹割の滝」の迫力に圧倒される
・冬の赤城山に登れば湖でワカサギ釣りできる
・「チャツボミゴケ公園」にあるのは、鉄を吸着する不思議なコケ
・草津白根山ではハイキングからロープウェイのコースが最高

 

群馬のおしゃれスポットを満喫する

ピンクのネオンが輝く「ipe=anro」でオシャレなカレーを食べる

photo by 1nei

コンベンション施設「ビエント高崎」にオープンしたばかりのipe=anro(イペアンロー)は、アイヌ語で「いただきます」という意味。

コーヒーやレモネードなどのドリンクはもちろん、ここの店主が作るオリジナルカレーは独創的かつ超絶うまい!

店内には象徴的なピンクのネオンが輝き、心地よい空間を演出しています。

 

View this post on Instagram

 

ipe=anro イペアンローさん(@ipe_anro)がシェアした投稿 – 2019年 2月月28日午後9時10分PST


■詳細情報
・名称:ipe=anro
・住所:群馬県高崎市問屋町2-7 ビエント高崎
・営業時間:9:00〜23:00
・定休日:水曜日
・電話番号:027-387-0935
・公式サイトURL:https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10020163/

ドーム型の「岩宿博物館」で日本最古の歴史を学ぶ

photo by 1nei

日本で最も古く人々が定住していた時代は「石器時代」だというのは現代歴史の常識ですが、70年前まではひとつ新しい「縄文時代」が最古だと信じられてきました。

その当たり前をひっくり返したのが「岩宿遺跡」の発見で、この岩宿博物館はそれを記念して作られたもの。

館内中央にはマンモスの骨格(レプリカ)がドンと鎮座し、時代の証拠となる石器がたくさん展示されています。石器づくり体験なども行われているようなので、歴史に興味がある方はぜひ群馬で日本最古の歴史にふれてみてください。
■詳細情報
・名称:みどり市岩宿博物館
・住所:群馬県みどり市笠懸町阿左美1790番地1
・営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
・定休日:毎週月曜日(祝日と重なる場合はその翌日)、12月28日~1月4日、臨時休館日(燻蒸等)
・電話番号:0277-76‐1701
・料金:一般 300円/高校生 200円/小・中学生 100円
・公式サイトURL:https://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/

太田市美術館・図書館でソフトクリームを食べながらアートにふれる

photo by 1nei

太田駅から徒歩1分の場所にできたばかりの「太田市立美術館・図書館」。時代の流れで閑散としてしまった駅前に人々を呼び戻すことを目的に建てられたこちらの施設には、アート展示と数多くの蔵書が集まっています。

1Fカフェコーナーではミルキーなソフトクリームも販売されており、若者の憩いの場になっています。

駅からのアクセスが非常に良いので、公共交通機関を使って群馬県にお越しの際は是非立ち寄ってみてください!
■詳細情報
・名称:太田市美術館・図書館
・住所:群馬県太田市東本町16番地30
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)※毎月最終火曜日は図書館エリアのみ休館
・電話番号:0276-55-3036
・公式サイトURL:http://www.artmuseumlibraryota.jp

群馬のおしゃれスポット、もうちょいあります

・ 高崎駅すぐの「T-STYLE BAR」で人気のワインを一杯だけ
・リコッタチーズのふわふわパンケーキが食べられるのは「ベッドフォードカフェ
・海辺のような雰囲気の「ルーチェカフェ」は女子会にピッタリ
・「New boy coffee」でエスプレッソソーダを飲んだら、3階の「SNARK」へ
・こだわりのかわいい雑貨とおかしに囲まれる「JAMCOVER
・「OIL」でアングラグッズとエキゾチックな古着を買ってみる
・中之条町の小学校をリノベした「Muse」で昭和にタイムスリップ
・伊香保石段街に行ったら「楽水楽山」のシフォンケーキが食べたい
・グランピング施設の「四万ブルー」はカフェ営業もやってます
・草津温泉の足湯カフェ「湯畑草庵」でほっこりする
・「パーヴェイヤーズ」で珍しいアウトドアキッチン用品に出会う

 

群馬でユニークなデートをする

「こいのぼりの里まつり」で圧倒的な数の鯉のぼりを見る

photo by 1nei

上毛かるたで「鶴舞う形の群馬県」と読まれるように、群馬県は鶴の形をしています(多分)。

その鶴のくちばしの部分にあたる館林市では、毎年3月下旬〜5月上旬くらいに「こいのぼりの里まつり」が開催され、鶴生田川沿いに3000を超えるこいのぼりが掲揚されます。これが圧巻!

夜はライトアップも施され、また違った雰囲気に。

 

「昆虫の森」は蝶の放し飼いドームが大迫力!

photo by 1nei

昆虫の体験型教育施設である「ぐんま昆虫の森」は、生き物大好きカップルにとって外すことのできないスポット。

メインとなる「昆虫観察館」は安藤忠雄氏が設計したガラスドームになっており、様々な昆虫が展示されています。さらには蝶が放し飼いになっている温室もあり、もはやここだけで満足してしまいそう……!

眼の前、頭の上を飛び回るオオゴマダラに囲まれていると、まるでヴィジュアル系バンドのMVに出演しているような気分になります(ならないか)。
■詳細情報
・名称:群馬昆虫の森
・住所:群馬県桐生市新里町鶴ヶ谷460-1
・営業時間:4月〜10月 9:30~17:00  11月〜3月 9:30~16:30
・定休日:毎週月曜日(ただし、月曜が祝日のときは翌火曜日)、年末年始、メンテナンスのための臨時休園
・電話番号:0277-74-6441
・料金:一般 410円/大学生・高校生 200円/中学生以下 無料
・公式サイトURL:http://www.giw.pref.gunma.jp

「群馬サファリパーク」は自家用車に乗ったまま動物に近づけるんです

photo by 1nei

このだらけきった白デカ猫が見られるのは、富岡市にある群馬サファリパーク。鯉、蝶と来て最後は虎。動物ばっかりですみません……。

こちらのすごいところは、自家用車に乗ったまま動物のエリアを巡回できるところ。ツキノワグマやニホンザルがいる日本ゾーン、ライオンやホワイトタイガーがいる猛獣ゾーンなどに分かれており、満足感あるクルージングが楽しめます。

でも本当のところ、一番の猛獣はアフリカゾーンにいる「エランド(ウシの仲間)」。こいつは窓を舐めてきます。

自家用車をお持ちでない場合、また窓を舐められたくない場合は園内バスをご利用ください!
■詳細情報
・名称:群馬サファリパーク
・住所:群馬県富岡市岡本1番地
・営業時間:3月〜10月9:30~16:00 11月〜2月9:30~15:30
・休園日:水曜日
・電話番号:0274-64-2111
・料金:大人(高校生以上)2700円/小人1400円/65歳以上1900円
・公式サイトURL:http://www.safari.co.jp

 

他に、群馬でデートするならこんな体験

・日本で唯一の蛇類専門施設「スネークセンター」で爬虫類の知識を深める
・小さな本屋「REBEL BOOKS」でオススメの本を聞いてみる
・榛名湖のあひるボートは距離が近くてドキドキ
・「渋川スカイランドパーク」のお化け屋敷は意外とクセになる
・「命と性ミュージアム」と「珍宝館」、どちらがお好みでしょうか
・「白根魚苑」でニジマスを釣りまくる&食べまくる
・お腹いっぱいになる「こんにゃくパーク」は富岡製糸場の近く
・とにかくウサギが可愛い「伊香保グリーン牧場」で半日遊ぶ
・食べ放題なのに安すぎる「原田農園」でフルーツ狩り
・「ロックハート城」でプリンセス・プリンスになって記念撮影

 

群馬の夜を観光する

群馬県庁展望デッキから前橋の夜景を一望する

photo by 1nei

「群馬の夜を楽しむ」ことを考えるときに、まっさきに思い浮かんだのがこちら。

日本一の高さを誇る群馬県庁舎の31階には、前橋市の夜景を一望できる展望デッキがあります。車を県庁駐車場に停め、めちゃ速いエレベーターでグイグイ上がれば、そこは地上に広がる宇宙。しかも無料!

ちょっと王道ぎみですが、絶対に外せない体験です。
■詳細情報
・名称:群馬県庁展望ホール
・住所:群馬県前橋市大手町1-1-1
・営業時間:平日8:30~22:00/土・日・祝日9:00~22:00
・電話番号:027-223-1111
・公式サイトURL:https://www.pref.gunma.jp/01/a2710006.html

「ぐんまフラワーパーク」のイルミネーションで泡と光の共演にときめく

photo by 1nei

毎年冬が近づいてくると、群馬県も例に違わずイルミネーションの時期が始まります。

高崎駅前や各遊園地もキラキラ輝き出すなか、最も力が入っているのはおそらくここ。ぐんまフラワーパークです。

春夏に我々を香りと色で楽しませてくれる花々は脇役に回り、イルミネーションとプロジェクションマッピング、そしてシャボンの嵐が冬のお祭りを演出。群馬県民の愛するデートスポットになっていますよ。
■詳細情報
・名称:ぐんまフラワーパーク
・住所:群馬県前橋市柏倉町2471-7
・営業時間:3月〜10月9:00~17:00/11月〜2月9:00~16:00
・電話番号:027-283-8189
・料金:大人 4月〜6月700円、7月〜3月600円 中学生以下無料
・公式サイトURL:http://www.flower-park.jp

草津温泉街は夜になるとライトアップされて映えまくり

photo by pakutaso

群馬を代表する温泉である「草津温泉」。

昼間は飲食店やお土産屋で賑やかですが、夜になれば観光ムードはお休み。湯畑がライトアップされて幻想的な雰囲気に変わります。この景色を眺めながら足湯に浸かったり、硫黄の香りに包まれながら眠る温泉街を散歩してみたり。あ〜、草津は一日中楽しい!!

実はこの温泉街ライトアップ、草津温泉だけでなく伊香保温泉でも実施されています。どっちも捨てきれない!

 

他に、群馬の夜を楽しむ方法

・「桐生八木節祭り」の熱狂と人口密度はどこにも負けない
・榛名山、赤城山のドライブコースで頭文字Dの聖地巡礼
・県内で最も開催時期が早いのは「たまむら花火大会」
・前橋公園の桜ライトアップと屋台での食事を楽しむ
・新年に高崎に来たなら「だるま市」で縁起担ぎ
・十分に寒さ対策して、榛名湖のイルミネーションを見る
東邦亜鉛安中精錬所は夜景写真を撮りたくなる美しさ
・華蔵寺公園「夜桜みナイト」で観覧車から花見する

 

群馬の温泉でゆったりする

ヘビとムカデが戦って生まれた「老神温泉」で湯ごもり

photo by 1nei

群馬県の温泉の数、実に200箇所以上。山奥の秘境のような場所から市街地まで、本当にいたるところでお湯が湧きまくっています。

こちらの老神温泉には、「赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った結果湧き出した」という伝説があります。その伝説から、老神温泉協会の近くにはヘビ型の神輿がまつられていて、地元のお祭りで担がれています。

泉質は基本的に単純硫黄温泉で、無色透明だけどほのかに硫黄の良い香り。肌にやさしく、つるつるすべすべになります。

 

「宝川温泉」の混浴露天風呂は雪景色が美しい

photo by 1nei

みなかみ町の山奥にたたずむ宝川温泉は、「秘境にある温泉」の代表格。山道を自動車でひたすら登り続けると出現します。

日帰り入浴できる「汪泉閣」の露天風呂は広く眺めよく、雪が降っている季節はさらに格別。一番大きな露天風呂は混浴ですが、女性には湯浴みの用意もありますし、女性専用の露天風呂もあります。

 

「万座温泉」のお湯はなめらかな乳白色

photo by 1nei

草津をさらに山側に進むんだ場所に、万座温泉という温泉があります。

こちらには温泉街みたいなものが存在せず、ひたすらに源泉周辺に旅館が立ち並ぶ「お湯一筋」の温泉地です。

乳白色のシルキーな硫黄泉は1日に540万リットルも湧き出し、美肌効果が期待できるもの。強烈な濃さがあり、「あぁ、温泉に来たな〜!」という気持ちが高まりますよ。

 

まだまだあるぞ、群馬の温泉

・温泉マーク発祥の地「磯部温泉」で舌切雀のお宿に泊まる
・草津の上がり湯「沢渡温泉」は優しい肌当たり
・伊香保温泉はやっぱり源流真横の露天風呂が最高
・世のちり洗う「四万温泉」は「上毛かるた」でも読まれてます
・川がそのまま温泉になっている「尻焼温泉」に行ってみる
・一軒宿「霧積温泉」は本当の秘境にあるので是非宿泊で
・築一世紀を超える「法師温泉」はフレッシュな源泉が足元から湧き出す
・県内いたるところにある温泉施設も、実はクオリティが高い

 

群馬らしいお土産を買う

びっくり見た目の「かいこチョコ」は食べるとマジでうまい

photo by 1nei

世界遺産に登録された富岡製糸場周辺には様々なお土産屋が立ち並び、製糸にまつわるものも多いのですが、個人的に一番面白いと思ったのはこちらのチョコレート。「かいこの一生」という名前の通り、蚕の幼虫・さなぎ・成虫をかたどったホワイトチョコレートになっています。

それぞれ食感の異なる3つは、見た目こそびっくりですが味は一級品。食べてみればわかりますが本当に美味しいです。友達へのお土産にいかがでしょうか?
■詳細情報
・名称:有限会社丸エイ食品 富岡城町店
・住所:群馬県富岡市富岡44-2
・営業時間:9:00〜17:00
・定休日:毎週水曜日(祝日の際は翌日)
・電話番号:080-8863-3337
・公式サイトURL:https://yurugido.com

群馬の名産こんにゃくを使った「スイートコッペ」はデザインも可愛い

photo by 1nei

群馬県、実はこんにゃくの生産地としても有名です。蒟蒻畑の「マンナンライフ」の本社と工場も群馬にあるんですよ!

嘉永3年より続く「オヲツヤ商店」では、そんな県内のこんにゃくを使った「スイートコッペ」を販売。スイートポテトの中に甘いこんにゃく玉が入っていて、面白い食感になっています。そして何より、県内のデザイン事務所「マニアッカーズデザイン」がデザインしたパッケージがなんとも可愛い……!
■詳細情報
・名称:丸大オヲツヤ商店 本店
・住所:群馬県前橋市東片貝町472-1
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:毎週火曜日
・電話番号:027-261-1369
・公式サイトURL:http://www.fiber.co.jp/sweetcoppe/

群馬で買いたいお土産は他にも

・なぜか群馬県民で知らない人はいない「七福神あられ
・「上毛かるたせんべい」で群馬の文化をお持ち帰り

 

最後に

以上、群馬でやりたい100のことでした。

この他にも紹介したい場所・ものがたくさんあるのですが、ひとまず今回はここまで。もっともっと群馬を知りたい!という方は、ぜひ市根井にご連絡ください。ご案内しますよ〜!

関連記事リンク(外部サイト)

2月におすすめの国内旅行先8選
国内の旅行先ランキングBEST10発表!1位はみんな納得のあの場所
【那須】遊牧生活を体験!モンゴリアビレッジ・テンゲルの魅力5つ
東京の凄いお祭り7選

access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧