ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonで買える激安大容量USBメモリの落とし穴

Amazonで買える激安大容量USBメモリの落とし穴

大容量データを気軽に持ち運ぶなら、USBメモリが便利です。有名メーカー製だと128GBサイズで5千円以上はしますが、Amazonではなんと2千円程度で購入できてしまいます。ただし、レビューを見るとかなりな粗悪品の模様。実際に激安128GBの大容量USBメモリを入手してみました。

激安大容量USBメモリの謎のエラー

実施に購入したのはAisopoの「USBメモリ」で、実勢価格は2,059円でした。容量が128GBで、インターフェースは不明。サイズ/重さは67W×13H×5Dmm/18gとなっています。

もう1つ購入したのは、SanDiskの「CZ600(並行輸入品)」で、実勢価格は2,059円でした。容量は128GBで、インターフェースはUSB3.0です。サイズ/重さは65W×20H×9Dmm/40gとなっています。

AisopoのUSBメモリの読み込み速度は15MB/s、書き込みは4.3MB/sと非常に遅いという結果。USB3.0ポートに挿すと謎のエラーが出て、デバイスが停止してしまう始末です…。

大容量USBメモリはフォーマット不可

容量偽装はありませんでしたが、Windows標準ソフトでフォーマット不可では使い物になりません。激安128GBの大容量USBメモリには落とし穴が隠されている可能性があるのです。

一方、SanDiskの並行輸入USBメモリの読み込み速度は40.5MB/s、書き込みは20.16MB/sとUSB3.0にしては遅い結果。国内正規品よりはるかに安く買えますが、正規品に付いている無期限保証はありません。

たまに偽物が販売されていることもあるようなので、激安128GBの大容量USBメモリはベンチマークを調べて、不良品は即返品をしたほうが無難でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。