ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SFC修行のANAプレミアムポイントの計算式とは?

SFC修行のANAプレミアムポイントの計算式とは?

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)」は、ANAが定めた厳しい条件を達成した者のみが入手できるプレミアムカード。このSFCを入手するために、無意味に見える飛行機の搭乗を繰り返すのが“SFC修行”です。SFC修行では、まずプレミアムポイントを貯めてプラチナメンバーになる必要があります。

SFC修行のプレミアムポイント計算式

SFC修行のプレミアムメンバー取得に必要なANAのプレミアムポイント(PP)の計算式は「区間基本マイレージ」×「積算率」×「路線倍率」+「搭乗ポイント」です。区間基本マイレージは、搭乗区間ごとに定められたマイル数(距離)のことで、長距離になればなるほどPPは高くなります。

積算率は「プレミアム運賃」なら150%、「旅割75」なら75%など、予約クラスや運賃種別によって変動。路線倍率は、国内線の場合は2倍で、国際線なら1~1.5倍(ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線のみ1.5倍)になります。搭乗ポイントは、予約・搭乗クラスによって付与されるのポイントのことです。

プレミアムポイントは計算式から「飛行距離(区間基本マイレージ)の長い国内線を上位クラスで搭乗すると、最も効率的に取得できる」ということが分かります。

SFC修行は「安く抑えたい」が本音

ここで重要になるのがプレミアムポイントの単価です。SFC修行するにあたり「経費はなるべく安く抑えたい」というのが修行僧たちの本音。プレミアムポイントの取得単価は1PP=10円前後が目安といわれており、50,000PPの獲得経費は50万円程度とされています。しかし、修行僧の中には、単価の安いルートを駆使して、PP単価を6円程度まで抑えるツワモノもいるようです。

PP単価が安い路線としては、修行僧の間で人気なのが東京発の場合、羽田(東京)~那覇(沖縄)、羽田(東京)~チャンギ(シンガポール)などが挙げられます。また、これらを複数回繰り返す「OKA-SINタッチ」と呼ばれるルートも存在します。

羽田(東京)→那覇(沖縄)→羽田(東京)→チャンギ(シンガポール)や関西国際空港(大阪)→那覇(沖縄)→成田(東京)→チャンギ(シンガポール)など、沖縄を一旦経由し、戻って来てからシンガポールに飛び立つ方法。「国内線乗り継ぎ」という予約方法を活用しており、プレミアムポイントを一気に獲得できます。

本来、国内線乗り継ぎは、国際線が就航していない地方空港の利用客のために作られたサービスですが、これを活用すると運行距離に関係なく、片道約5,000円(往復約10,000円)で搭乗可能。しかも、プレミアポイントは運行距離に応じて付与されるため、積算率も100%。つまり、PP単価を一気に下げられるのです。SFC修行が捗ります。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。