ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

坂本龍一さん「なんのための自粛ですか?」「音楽に罪はない」ピエール瀧容疑者逮捕での作品の出荷停止・回収等について言及

3月13日、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者がコカイン使用の疑いで逮捕されたことにともない、ソニー・ミュージックレーベルズは

・ CD、映像商品の出荷停止
・ CD、映像商品の店頭在庫回収
・ 音源、映像のデジタル配信停止

という対応を発表した。

アーティストの不祥事により、映像や音楽などの作品が販売自粛等になることにはさまざな意見が出ているが、ミュージシャンの坂本龍一さんは3月15日『Twitter』にて

「電気グルーヴのCDおよび映像商品の出荷停止、在庫回収、配信停止」
なんのための自粛ですか?電グルの音楽が売られていて困る人がいますか?ドラッグを使用した人間の作った音楽は聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない。

とツイートを行った。反響を呼び、多くのリツイートや「いいね!」が寄せられる。

「この国では作品はアートではなく、プロダクツ=商品/製品なんだと思います。だから、ケチがついたら取り下げる。本物の表現がなかなか育ちにくい所以でしょうか」
「アーティストも評論家も毎回同じこと言うだけ言って終わりで行動に移してくれないじゃん。教授の周りの社会的な影響力が強い人達も巻き込んで作品に罪は無いんだから聴かせろ観させろ運動を大々的にやってほしい。末端の人間がポツポツ言っててもラチが明かないんだから大きなムーブメントにしてよ」
「売られて困る人はいないけど、不謹慎狩りをしようと待ち構えている人はいる、ということかと」
「本当にその通りです! ドラッグやったアーティストの音楽を聴けなくするなんてナンセンスです! こんなことしたら世界中、歴史に残る名盤がどれほど消えてしまうことか! なんでも見えなくして批判を回避しようとする発想が残念でなりません!」

などなど、こちらにもさまざまな意見が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき