ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の安全を確保する防犯機能付きスマートウォッチ「Rizlet」

女性のひとり歩きは、やはり不安なもの。悪意ある者が襲ってきたら、到底太刀打ちはできないだろう。

震える手でスマホを操作し、警察を呼ぼうとする。しかしその間に襲われてしまったら……ということを考えると、それ以外の対策もちゃんと立てねばならない。

クラウドファンディング「Kickstarter」に出展されている「Rizlet」は、緊急事態を想定したスマートウォッチ。位置情報と連動し、家族に危険を知らせる機能も備えられている。

・簡単な操作でアラームとSOSを発動

人間、急な事態に陥ると簡単なことすらできなくなる。日本の110番に当たるアメリカの911のダイヤルにプッシュすることは、緊急時においては非常に複雑な操作と言える。

そこでRizletの出番である。Rizletのディスプレイにはタッチパネルが搭載されている。これを操作し、Rizletと連動しているスマホに「パニックモード」を表示させる。これは予め登録された緊急連絡先と911に接続される。また同時に、RizletからアラームとLEDライトの照射が行われる仕組みだ。

このアラームだが、Rizletの製品PR動画で聴いてもかなり不快で大きな音色。そのため防犯アラームとしては極めて優秀である。

また、自分を尾行する者に通報を悟られないため、Rizletの操作のみで緊急連絡先に位置情報を送ることもできる。そしてこのRizletには「カウントダウンモード」というのも搭載されている。これは事前に設定した時間を過ぎたらSOSが送信されるというもの。カウントダウンの解除はRizletの持ち主にしかできない。この時間を過ぎたら身に危険が及んでいるだろう、という状況で用いることができる。

・普段使いの腕時計としても

スマートウォッチとしての基本的な健康トラッカーも装備されているから、普段使いにもちょうどいい。Rizletは一見、防犯グッズとは思えないデザイン設計でもある。

このRizletはKickstarterで89ドル(約9900円)からの出資枠を設けている。配送は今年8月から。日本へのそれも、10ドル(約1100円)の手数料加算で受け付ける。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy