ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

親子のギルティフリーおやつ!“玄米かきもちチップス”登場


食感を表す擬音語“オノマトペ”をテーマにしたおやつシリーズ「オノマトペのおやつたち」がラインナップを追加。石川県白山市産・減農薬の美味しい米で作った玄米かきもちのチップス「石川のひとくち玄米チップス<サクザク>」が新登場!

「石川のひとくち玄米チップス<サクザク>」20g/300円(税抜)は、石川県白山市にある無農薬・減農薬の米や加工品を扱う米店「稲ほ舎」とのコラボによって生まれた商品。打ち水を入れずについた濃厚なお餅を細かく切って、ちいさなお鍋でひとつひとつ手揚げしている。


油っぽさをできるだけ控えており、軽い口当たりなのが特徴。玄米の粒を感じられて、食感はまさに“サクザク”だ。米の旨みがぎゅっと凝縮された味わいが引き立つように、味付けは「稲ほ舎」のスタッフに一番人気のシンプルな塩味となっている。

またおにぎりを意識したかわいい三角のフォルムには、“ごはんと同じくらい安心なおやつ”という意味が込められている。


今まで甘い商品がメインだった「オノマトペのおやつたち」に新たに加わった塩味の菓子。子どものおやつにはもちろん、大人のお酒のおつまみにもおすすめだ。


さらに3月23日(土)・24日(日)には、ららぽーと新三郷でのイベント「ごはんフェス in ららぽーと新三郷」のマルシェに出店。「オノマトペのおやつたち」全商品が購入できるほか、ごはんのお供にぴったりの「稲ほ舎」の商品も販売予定だ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき