ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Brasserie du Molardでランチ【スイス】

Brasserie du Molardでランチ【スイス】
ジュネーブ(Geneva)の中心部ショッピング街にある自家製ビールで有名な「ブラッセリー・デュ・モラード(Brasserie du Molard)」というパブレストランでランチを楽しみました。
Brasserie du Molardでランチ【スイス】
まず、サラダはそれぞれゴートチーズ(Goat Cheese)やチキン(Chicken)が入ったシーザー(Caesar) 、ポテト(Potato)、卵(Egg)といろんな種類のサラダがあります。
フレンチフライが付いたローストビーフ(Roast Beef)のサラダセットも美味しそうでしたし、カレー味のチキンやライスのサラダセットも魅力的でしたが、どうしてもその時パスタが食べたくてパスタプレートを注文しました。

Brasserie du Molardでランチ【スイス】
ビーフ煮込みとラタトゥイユ(Ratatouille)とリングイネパスタのプレートで、結構ボリュームがありました。お肉柔らかくて美味しかったです。

他にも、自家製ハンバーガーもレストランでオススメのようですよ!
チーズ、クリスピー、イタリアン、シェフのオススメバーガーと種類も沢山なので迷いますね!
バンズの上にはスイスの国の旗がついているのもキュート。
ベジタリアンバーガーもあるので、そこもいいですね!

Brasserie du Molardでランチ【スイス】
デザートは、クレームブリュレ(Creme Bruree)やマカロン(Macaron)、フルーツタルト(Fruit Pie)とカフェがセットになっている豪華なプレートでした。

スイスはやはり物価が高く、サラダもメイン料理も20~40スイスフラン(2200~4500円)くらいしますし、デザートも10スイスフラン(1130円)くらいします。
かなり高いですが、その分スイスでのお給料の水準は高いようですね。


関連記事リンク(外部サイト)

これ、どうするの?【アメリカ・カリフォルニア】
チェコに来たらビアホールに行ってみよう!ウ・メドヴィークがおススメ!【チェコ・プラハ】
ケベックで一番有名な料理研究家が経営!Café Ricardo【カナダ・ケベック】

ワウネタ海外生活の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。