ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地震への備え、大丈夫? 耐震意識の高い“耐震県”第1位は神奈川


木造耐震設計事業などを手掛け、3月14日(木)にJASDAQ上場を果たしたエヌ・シー・エヌは、「耐震に関する全国意識調査」を実施。その結果を発表した。


今回行ったのは「住宅の耐震意識」と「地震への備え」に関する調査で、全国47都道府県2889名を対象にしたもの。回答率をスコア化し、各設問のスコアを合計した値をもとに“耐震県”ランキングを作成した。

その結果、上位は1位「神奈川」・2位「岩手」・3位「兵庫」・4位「宮城」・5位「青森」と、東日本大震災や阪神淡路大震災で被災した地域が多くランクインする中、関東の「神奈川」が耐震の認知・理解などを示す「住宅の耐震意識」で4位、「地震への備え」で1位と両項目で高いスコアを記録し“耐震県”総合1位に輝いた。

総務省統計局の「平成25年住宅・土地統計調査」によると、神奈川は東日本大震災による県外からの転入世帯も多く、被災経験の中でより高い耐震意識を持つ人が多くなっているのが理由の一つと考えられる。ちなみに、下位3県は45位「京都」・46位「島根」・47位「広島」という結果だった。


総合ランキングに関する設問とは別に、地震に対する意識を知るべく他の設問も投げかけてみると、「現在の住まいが耐震性能を備えているか」(※)の問いには、全体では「はい」28.9%、「いいえ」37.3%、「わからない」33.8%となり、3人に1人は耐震かどうかわからないまま住んでいることが判明した。(※)「耐震性能を備えている」とは、耐震等級1以上を有する住宅のこと

また「耐震性能を備えている」と回答した割合の高い都道府県は、総合ランキングでも上位の「兵庫」「神奈川」「宮城」となった。

日本は昔から地震が多く発生するため“自然災害大国”などと言われているが、ここ数年、近年まれに見る大きな地震のほか集中豪雨による水害などの被害が増えているので、日頃から備蓄・避難経路の確認など怠らないよう準備し、地震・災害への意識を高めよう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy