ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SFC修行で無意味に見える搭乗を繰り返すからくり

SFC修行で無意味に見える搭乗を繰り返すからくり

ANA上級会員の“永久資格”という悟りを開くために、無意味に見える搭乗を繰り返すSFC修行僧。彼らが欲しがる特別なクレジットカードが「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)」です。SFC修行僧たちが無意味に見える搭乗を繰り返すANAの会員制度について、詳しく見ていきましょう。

ANAにはプレミアムメンバーという制度

ANAには、毎年1月から12月までに獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年のステイタスが決まる「プレミアムメンバー」という制度があります。このプレミアムメンバーには、ブロンズ→プラチナ→ダイヤモンドの3ステージがあり、獲得したプレミアムポイント(PP)に応じてランクがアップ。当然、上位ランクほど受けられる特典が豪華になります。

プレミアムポイントを獲得するためには、ANAグループもしくはスターアライアンスに加盟している航空会社の便に搭乗する必要がありますが、プレミアムポイントはいわゆる「マイル」とは全くの別物で、1年間(1~12月)で精算されるのが特徴。

翌年にポイントを持ち越すことはできません。さらに、プレミアムメンバーの有効期限は1年間なので、前年に貯めたプレミアムポイントのみで翌年のステイタスが決まります。

SFC修行はプラチナメンバーを目指す

例えば、前年の搭乗実績でダイヤモンドメンバーになったとしても、その年のポイントが足りなければ翌年は一般会員に降格…ということもあり得るのです。

そこで、登場するのが「SFC」です。SFCは1度入手すれば、年会費を払い続ける限り、半永久的に上級会員としてプラチナ相当のサービスを受け続けられるという特殊な機能を持つカードです。

その入手条件が、プレミアムポイントを貯めてプラチナかダイヤモンドメンバーになること。そのため、SFC修行僧たちは、まずはプラチナメンバーを目指し、ANAを使って“無意味な移動”を繰り返すわけです。

ちなみに、プラチナメンバーになるためには、年間で50,000PP(そのうちのANAグループ運航便が25,000PP)以上が必要になります。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy