ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“衝撃”の結末から約1年……最強たちの逆襲<アベンジ>が始まる『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編解禁

最強たちの、逆襲<アベンジ>が始まる――。昨年12月に解禁された予告編は再生回数が24時間で2億8,900万回を超え、映画史上歴代NO.1という<驚異の記録>をたたき出し、いまや全世界がその続報に注目する本作の本予告映像がついに解禁!

【動画】”衝撃”の結末から約1年……『アベンジャーズ/エンドゲーム』本予告編
https://www.youtube.com/watch?v=ippY1tD1CiY

アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーなどのアベンジャーズのメンバーが”ヒーロー”へと生まれ変わった感動の瞬間からはじまったかと思えば、シーンはあの”絶望”の光景に……。最凶最悪の敵”サノス”の計画によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が一瞬にして滅ぼされてしまうという、ヒーロー映画の常識を打ち破る”衝撃”のラストを迎えた前作。これまでに幾度となく団結し、人類の危機を救ってきたヒーローたちが、次々に塵となって消滅するという驚愕の光景には、全世界が言葉を失い、悲嘆にくれました。

しかし次のシーンではその”絶望”から一転、残されたヒーローたちがついに動き出す姿が! 盾を構えるキャプテン・アメリカ、戦闘態勢に入るべく、訓練をはじめるブラック・ウィドウ、ウォーマシンの肩に乗り、銃を構えるロケットや、燃え上がる炎の中戦うアントマン――半減してしまった人類と、消えていった仲間を取り戻すため、残されたヒーローたちが「最後の作戦」に向けて立ち上がる姿にはもはや”絶望”ではなく、”希望”をも感じさせます。

そして次の場面では、日本中のファン歓喜のまさかのシーンが……! 飛行する戦闘機の下には、なんと”レインボーブリッジ”、そして”東京タワー”が映っているのだ!本作の監督は「今回のアベンジャーズは日本が舞台になる」と正式に明かしていることもあり、”東京”が「アベンジャーズ」完結編の舞台になることを予感させるこのシーンには、日本中が熱狂の渦に包まれることでしょう。

そしてアベンジャーズ基地内を前進する、ブラック・ウィドウやホークアイ達が身に纏っているのは、なんと”新スーツ”!”今はここにいない”仲間たちのため、全員同じスーツを身に纏って前進する姿には、彼らの並々ならぬ決意が感じられる。同時に解禁となったポスターもまた、再び集結したキャプテン・アメリカやアイアンマンらの強い覚悟と、僅かな希望を象徴するようなビジュアルです。

さらに最後には、前作の衝撃の結末以来、”新たな希望”としてまことしやかに噂されていた、あのキャプテン・マーベルが満を持してついに登場!映画『キャプテン・マーベル』は3月8日にアメリカで公開され、オープニング興行収入全米No.1を記録し、全世界では『美女と野獣』を超えて女性主役作品で史上No.1のオープニング記録を樹立。いま全世界から注目を集めるニューヒーローがアベンジャーズに参入した映像が初解禁され、彼女の注目度はさらに高まるに違いありません。ソーもその強さを認めるほどのキャプテン・マーベルという切り札も得たアベンジャーズたちの<大逆転劇>がついにスタートします。

(C)2019 MARVEL

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。